わいわい道中記への心温まるメッセージその3

投稿日:2013年12月06日

平成25年12月6日(金)、ご購読者から次のメッセージを頂き、有言実行の奥深さを改めて知る。

○道中記おめでとうございます。貴男の記録に脱帽です。素晴らしい!再見

○素晴らしいできだね。よく書いたね。えらいよ。

○これで3作目ですね!!すごいね!表紙を含め素晴らしい出来栄えだね。 これからゆっくり読ませて頂きます。明日のわいわい会は急遽所用が入り欠席します。皆さんに宜しくお伝え下さい。

○ありがとうの〜うっ!

○ご本ありとうございました。ひとつのことをやりとげるって、素晴らしいですね。

○「わいわい道中記」のご出版おめでとうございます。

○昨日(12月4日)御本が届きました。表紙の写真有難うございます。これからじっくり読ませて頂きます。これからも頑張って下さい。

 

 

 

わいわい道中記への心温まるメッセージその2

投稿日:2013年12月05日

ご購読者から払込取扱票(ゆうちょ銀行)の通信欄を通じて次のようなメッセージを頂く。

○いつもお世話になります。今後とも宜しくお願い致します。

○とても読みごたえのある立派な御本ですね。わいわい会が益々ご繁栄ありますようお祈り致します。

○出版おめでとうございます。内容共々ヴァージョンアップした作品、懐かしい気持と元気をもらいました。わいわい会に参加できる日=楽しみにしています。

○発刊おめでとうございます。お祝いもかねて10,000円お送り致します。

 

わいわい道中記への心温まるメッセージ

投稿日:2013年12月04日

平成25年12月4日(水)現在、第3作著書のご購読者から次のような心温まるメッセージを頂戴する。感謝感激!!

○実は、小生は地元東京の都立西高校の同窓会会長をしています。樫原さんのように高校時代の思い出をさらに発展させている方をみると敬服します。

○「わいわい道中記」拝受致しました。樫原さんの熱い思いがギッシリ詰まったご本に感動しました。道中での会話などもメモしていらしたのですね。当時を思い出し驚きです。写真に今は鬼籍に入られた桑島様 懐かしく月日の経つのは早いですね。線路は続くよ何処までも・・・・100回へスタートです。いえいえ200回への・・・・。私、ウォーキング大好きです。これからも出来る限り参加したいと思っております、宜しくお願い致します。最後に最大の理解と協力者でいらしゃる奥様に宜しくお伝え下さいませ。

○本の厚さに歴史を感じますね。素晴らしいことです。無理せず・・・。でも頑張りましょう!!仲間に入れて下さいね。

○ありがとうございます。ざっと、目を通しました。まとめるのは大変だったでしょうね!本当にお疲れさま。でも、私の拙い礼状など載せて頂き、ちょっと恥ずかしい!もっと綺麗に書けば良かった。50回って、素晴らしいですね。よくこれだけ続いたナァと思います。感謝、感服、脱帽。樫原さん、あなたは偉い!

第3作目書籍”わいわい道中記”も四図書館に納本・寄贈

投稿日:2013年12月03日

平成25年12月1日(日)発行の第3目となるわいわい道中記/50回記念号”を次の四図書館に納本・寄贈する。今回も感激とホットする瞬間だった。

○国立国会図書館:平成25年11月28日(木)納本 :  蔵書検索システム(NDL=OPAC)にて検索可能

http://ndlopac.ndl.go.jp/

○座間市立図書館:平成25年12月1日(日)寄贈

○高松第一高等学校図書館:平成25年12月2日(月)寄贈(送付)

○立命館東京キャンパス:平成25年12月3日(火)寄贈

”わいわい道中記/50回記念号”完成!!

投稿日:2013年11月27日

私の著書として3作目となる”わいわい道中記/50回記念号”が、杜陵印刷様から平成25年11月26日(火)納本される。手に取り、素晴らしい出来栄えに大変感動。これまでの努力が結実したからです。同時に、カッシー館のプログで掲載した目標のひとつを達成できホットしています。

この本は、平成12年11月から平成25年7月まで(50回分)の高松一高関東同窓生を中心とする歩き会(わいわい会)に関し、感動や熱い思いを筆にしたノンフィクションの記録(わいわい会の歌も掲載)です。すなわち、道中での同窓との強い絆、歩いた沿線の風景や伝統等を筆者の視線から写真を適宜挿入しながら、追体験もできるよう時分単位でまとめた書籍(A5判総カラー372頁:写真800枚位)です。

わいわい会以外にも関東桜紫会の下にある同窓会、幹事会、代議員総会、同好会等の活動状況を掲載しています。加えて、母校、桜紫会(本部)、関西桜紫会の状況や東京香川県人会の状況も。この書籍は、他校の活発な同窓会活動等への糸口・ご参考にもつながると確信しています。

お蔭様で定価が6,500円(税込)と法外な価格にも関わらず、50数部(同窓以外3名)の予約がありました。大変感謝しています。

 

最近の記事

アーカイブ