糸魚川・富山の旅!!その2(糸魚川〜泊)後編

投稿日:2020年09月14日

④市振駅から泊にかけては、安全な道筋となる。14時6分、市振の関前を通過。14時15分、十二社で「危険一杯な親不知区間を無事通過できたこと」のお礼参りをする。14時21分、109mある境橋で新潟県糸魚川市から富山県朝日町となる。14時25分、富山55㎞、朝日8㎞の標識前を通過。14時28分、鉄道に沿った県道374号(境宮崎線)を歩く。14時38分、御関所大門前を通過。14時52分、国道8号線に合流する。15時5分、直江津行きの電車と対面する。

※十二社、新潟県糸魚川市、富山県朝日町

国道8号線から越中宮崎駅(ヒスイ海岸駅)が見えるが踏切がなく、駅舎に行けず。300m位行った先に第7北陸街道踏切がある。この踏切を横切って引き返した先に越中宮崎駅(15時18分)があった。この駅舎での連絡帳(ひすい海岸のつれづれ:平成30年5月1日発足)にメモする。このようなメモは、宗谷本線や羽越本線などでも記帳した。懐かしい限りだ。ヒスイ海岸を10分位散策する。数十名の子供連れや若者の姿があった。

※御関所大門、越中宮崎駅、第7北陸街道踏切

※越中宮崎駅、連絡帳にメモ

※ヒスイ海岸散策

⑤県道60号線を歩いて、泊駅には16時48分到着する。2分の遅れで、17時31分発の高岡行の電車まで待ち合わせとなる。途中、引き返す時間が数分ロスしたのが命取りとなった。

※泊駅への路

※泊駅(山陰本線でもこの駅名登場!!)

⑥17時51分の電車で富山駅を目指す。富山駅には18時18分到着する。そして、東横インホテルには18時38分到着。汗を流したあと、ホテルから紹介された漁火に行き、本日の疲れを癒す。

※富山駅、漁火

※刺身盛り合わせで乾杯!!(9月6日、9月8日、9月9日の3日間)

糸魚川・富山の旅!!その2(糸魚川〜泊)前編

投稿日:2020年09月14日

2020年9月6日(日)晴れ、糸魚川・富山の旅の第2弾は、「えちごトキめき鉄道」と「あいの風とやま鉄道」にある糸魚川駅から泊駅までの営業キロ29.9㎞に挑戦する。朝、ホテルで朝食をとり、ホテルを7時20分出る。本日は猛暑の中、リュックを背負いかつ道幅の狭いトンネルが多い行程であったので、今回の旅の中で最も難所であった。

※ホテルえびや、朝食、朝の糸魚川駅

しかし、リスキーな反面、断崖絶壁が続く海岸線は、これまでのウォーキング記で最も印象に残る特筆すべき道筋であった。景観な海岸線の画像を適宜デジカメに収めながら、親不知の地名が付く通り、10㎞位続く危険な道筋を車に注意しながら命がけで必至に歩いた。それ故、歩き鉄ならでのダイナミックな画像を撮影できた。

※14カ所のトンネル

糸魚川駅から泊駅までの到着時刻は、次の通り。

糸魚川(7:30 )〜青海(9:32)~親不知(11:12)~市振(13:47)~越中宮崎(15:18)〜泊(16:48)

糸魚川駅前を撮影後、糸魚川駅を立ち寄ってから目指すことにする。実はホテル担当者から、「親不知界隈は危険な道筋なので歩きは止めた方がいい」と慎重な助言があったからだ。この助言を確認するため、駅職員に聞くことにした。駅職員がダメという回答であれば、この区間は乗り鉄で対処したと考えていた。しかし、「歩き禁止区間ではない。注意深く歩けばOK」との回答を得たので、当初予定通り青海から市振までの区間13.4㎞も含めた区間に挑戦することにする。

※糸魚川駅、糸魚川駅界隈、新幹線に沿って歩く

①7時40分、曹洞宗単伝山直指院で本日の安全を祈願する。8時18分、国道8号線に合流する。8時27分、706歩ある姫川大橋(姫川)を渡る。左手には在来線、右手には新幹線が走っていた。8時37分、新幹線下を潜る。8時52分、富山74㎞、魚津48㎞、朝日27㎞と記した道路標識前を通過。9時6分、88歩ある田海橋(田海川)を渡る。ここから、ややこしいくねくねした道筋を経由して、9時32分やっと青海駅に到着する。途中、糸魚川市の施設や北陸銀行があった。

※姫川大橋、ヒスイが展示されていた施設、青海駅への路

※青海駅、青海橋

②9時43分、港町交差点で国道8号線に出て、青海橋(青海川)を渡る。9時49分、鉄道を跨いで鉄道の右側となる。9時55分、富山70㎞、魚津44㎞、朝日23㎞と記した標識前を通過。ここから、トンネルのパレードとなる。10時31分、道の駅ピアパーク標識前通過。10時38分、洞川橋を渡る。11時2分、540mある駒返トンネルを通過する。トンネルを出た先で、親不知駅への看板を見つける。国道8号線から大きく回り込んで親不知駅には11時12分到着する。糸魚川方面の電車がやってくる。

※トンネルと海岸線

※トンネルの中から捉えた海岸線

※親不知駅近し

※親不知駅

※親不知駅、親不知駅界隈

➂鉄道に沿って暫く歩き、鉄道を跨がり右側に出る。11時34分、国道8号線に合流する。右手には北陸自動車道が海岸線に沿って走っていた。11時54分、富山64㎞、魚津38㎞、朝日17㎞と記した標識前を通過。12時1分、北陸自動車道下を潜る。ここから、再度トンネルとの対面となる。万歩計で433歩ある大竹沢トンネルを出ると、青海八景天険断崖黎明(12時14分)があった。ここから7つのトンネルとなる。13時5分、5つ目のトンネルで歩いて人を追い越す。13時43分、右手に鉄道が現れる。13時47分、市振駅に到着する。この駅で、先程トンネルで追い越した人と再度対面する。まさかトンネル内で人と遭遇するとは思わず。今回のメイクドラマのひとつとなった。人生って不思議なものですね。

※青海八景天険断崖黎明

※どこまでも続くトンネル

※天険親不知

※市振駅

後編に続く!!

 

糸魚川・富山の旅!!その1(小滝~糸魚川)

投稿日:2020年09月14日

2020年9月5日(土)~9月10日(木)の旅の第1弾は、大糸線の小滝駅から糸魚川駅までの営業キロ13.6㎞に挑戦する。お蔭様で曇り空で、残暑の中ではあるが終始歩きやすい日和だった。

※八王子駅、あずさ5号

八王子発8時33分のあずさ5号で南小谷(みなみおたり)駅まで移動し、南小谷駅から再度乗り鉄で小滝駅まで移動する。八王子から松本までの中央本線(八王子~塩尻)と篠ノ井線(塩尻〜松本)は、既に鉄道つたい歩きにて踏破済である。それ故、甲府・小淵沢・上諏訪・岡谷・塩尻・松本と続く沿線は当時苦労した懐かしい場面を思い出しながらの旅となった。

※本日の乗車券・特急券、松本駅、豊科駅

一方、松本からの大糸線は初の乗り鉄でもあったので、将来の鉄道つたい歩きを想定し、車窓からの風景を楽しむと同時に注視する。松本から白馬までは概ね平野が続き歩きやすそうであったが、白馬から南小谷そして小滝にかけて山間が続き、相当骨が折れそうな区間であった。4年前、三男坊家族と立山アルペンルートを旅した関係で、信濃大町駅界隈の風景を見て当時の記憶が多少蘇って来た。

※南小谷駅界隈の車内、南小谷駅

※南小谷駅

時刻表で確認したところ、松本から南小谷までの区間(営業キロ70.1㎞)はJR東日本、南小谷から糸魚川までの区間(35.3㎞)はJR西日本の管轄となっていた。また、前者は電化区間、後者は非電化区間となっていた。あずさ5号で南小谷駅には11時56分に到着する。南小谷駅からは12時7分発の1両の非電化車両(ワンマンカー)で小滝まで移動する。車内は30名位で、大半が中高年の男性であった。最初の到着駅である中土駅手前で、何かトラブルがあり、15分位停車する。南小谷から小滝にかけて、深い山間が続き、白馬から南小谷までの区間よりは、踏破に相当負荷を要するだろうと察知する。

※中土駅手前(列車一時停車)、小滝駅

※小滝駅

小滝駅には16分遅れとなった。この駅の下車は私のみであった。小滝駅から糸魚川駅までの到着時刻は次の通り。

小滝(12:59)~根知(14:01)~頸城大野(くびき、15:33)~姫川(16:07)~糸魚川 (17:03)

①小滝駅前は工事中であった。国道148号線を歩く。13時11分、西山跨線橋を経由し3つの洞門を経由し、根知駅を目指す。途中、大前洞門(万歩計で1,307歩、含む大前トンネル)、唐沢洞門(553歩)、根小屋洞門(55歩)があった。13時52分、JR線を跨ぎ鉄道の左側に出て、鉄道沿いに歩いた先に根知駅があった。根知駅前は民家が多数あった。

※小滝駅前、笹倉温泉、大前洞門

※田圃を走る列車、大きな岩、根知駅

※根知駅

②14時13分、186歩ある根知川大橋を渡る。その先に大断層見学地(糸魚川ジオパーク)の案内板があった。14時29分、80歩ある中山洞門を通過。姫川を跨ぐ山本橋(86歩)、中山橋(331歩)を渡り、頚城大野駅には15時33分到着する。

※根知駅前、糸魚川大断層見学地案内板

※中山橋、頚城大野駅

➂頚城大野駅からは左手に姫川を見ながら歩く。15時39分、1両編成の電車と対面する。15時58分、国道148号線に合流する。国道に沿った先に姫川駅があった。数年前、函館本線で苦労に苦労を重ねた姫川駅(現在廃駅)と同じ名称なので親しみを感じた。

※姫川駅

④16時28分、北陸自動車道下を潜る。左手に北陸新幹線の高架した線路が見えて来る。16時50分、JR線を跨ぎ、道なりに歩いた先に新幹線側の糸魚川駅があった。駅構内を経由して、在来線側に出る。

※糸魚川駅への路

糸魚川駅(新幹線側)と駅構内

※糸魚川駅改札口前、糸魚川駅(在来線側)

⑤ホテルに到着するや否や夕立となる。非常にラッキーであった。汗を流し、ホテル紹介の居酒屋”マナオ”に出向き、本日の疲れを癒す。佐久から来たという寺島氏と出会い色々世間話をさせて頂く。楽しい実りある一日であった。

※ホテル”えびや”、居酒屋”まなお”、地酒5種類飲み比べ

※地酒飲み比べ5点セット、美味しい刺身盛り合わせ

※寺島氏と糸魚川のひと時を楽しむ!!

(^^♪・・・・・♪・・・・

元フコク生命時代の友人長尾昇蔵氏(北海道在住)から次のような心温まるメールを頂きましたので、ご紹介します。

姫川駅、北陸にも有ったんですね。昔、現役時代に新潟に出張した時に、時刻表を見て可愛い名前だと思っていたら、函館に赴任して電車に乗る度に同じ名前を見つけて懐かしんでいたのですが、まさか、その近くに住むことになるなんて、不思議なご縁もあるもんだと……!そして今回、カッシー館で紹介されるなんて、またまたご縁が……!

”日本縦断の旅(PDF)”の納本確認!!国立国会図書館サーチで

投稿日:2020年09月12日

2020年9月2日(水)に”日本縦断の旅(PDF)”の納本手続き完了の知らせを国立国会図書館から連絡頂いた。それ以来、国立国会図書館サーチで、今回投稿したPDF書籍が検索対象になっているか否かを、糸魚川・富山旅行先から毎日確認作業をし続けた。正に一日千秋の思いであった。それが、旅行を終えた2020年9月11日(金)朝「樫原勉」で検索したところ、これまでの紙ベースの著書4冊に加え、新たに”日本縦断の旅”が5作目として検索対象になっていることを確認でき、感激も一入であった。長年の努力が一気に報われたような心境であった。

今回のオンライン資料として納本した「日本縦断の旅」、これまでにない発想でのプロセスであったので一気に視界が開けたのような心境にさせてくれた。なお、日本縦断の旅(PDF)は2020年9月2日(水)投稿分のカッシー館ブログ(日本縦断の旅シリーズ!!新たにPDF作成)から閲覧することができます。そして、国立国会図書館内で。

※1作目、2作目

※3作目、4作目

※国立国会図書館に納本していない書籍として電子書籍(アマゾンキンドルストア)「こだわり鉄道つたい歩き(近鉄京都線踏破)300円」があります。

今回の納本を機に、中央本線や旧信越本線などなど「日本横断歩き鉄の旅」と題して、鉄道を中心とした美しい日本を発信するために、これまでの歩き旅のブログに加え、日本の鉄道の旅を歩き鉄のアングルからPDFにまとめ、カッシー館で発信したいものだ。そしてある程度まとまった段階で、第5作目と同様に第6作、第7作と順次国立国会図書館へ納本したものだ。

今回の納本を通じ、私の鉄道つたい歩き旅に大きなエネルギーを貰ったような一日であった。また、描くことの大切さを教えてもらった一日でもあった。天や神に感謝あるのみ。

(^^♪・・・・♪・・・・

早速、友人から心温まるメールを頂きました。その一部をご紹介させて頂きます。

〇先ほど国会図書館にアクセスして登録されているのを確認しました。今回登録されたPDFファイルは、国会図書館内でしか閲覧できないですね。今度図書館に行ったときに見てみます。

〇素晴らしい!これ迄の樫原さんの長年の積み重ねの成果ですね。おめでとうございます。

〇国会図書館、樫原勉・・・見ました!すごいのひと言です。やっぱり実績に基づいたものは説得力ある!

糸魚川・富山の旅!!心温まるエール頂きました

投稿日:2020年09月11日

今回の旅を通じ、今回の旅の様子などをSMSやSNSで発信したところ、多数の方から心温まるエールを恵送頂きました。厳しい残暑や悪戦苦闘が多かった道中、元気をもらい感謝感激です。その一部をご紹介させて頂きます。友はいいものですね・・・

(^^♪・・・・・・・♪・・・・

〇素晴らしい景色(親不知の海岸線)ですね、アルバムを作成しました。素晴らしいです。超人です。

※スリル満点の親不知海岸線!!

〇約15㎞の道のりだぜ。昔スキーで通ったエリアだから多分涼しいところに違いない。昨年夏親不知迄ドライブしたよ。旅での安全を祈ります。綺麗な写真ありがとうございます。懐かしいです。次は黒部かな。台風の影響がなさそうで何よりですね。無事帰宅なによりですね。富山か。もう10年前になるかな。お寿司が美味しかったです。暑い中よく頑張っていますね。次はどこへ行く予定ですか。なにはともあれゆっくり休んで下さい。

〇富山楽しいでもらえてよかったです。また来て下さいね!その時は美味しい地酒でもまた飲みましょう!

〇綺麗な写真ありがとうございます。台風気を付けて歩いて歩いて下さい。写真は立山駅ですか。春に雪の大谷観光に行ったことを思い出します。脚を痛めないよう気をつけて歩いて下さい。

※立山駅前:コロナの影響で観光客はまばら(4年前と雲泥の差)

〇海の色がとても綺麗で絶景ですね。昔はここを命がけで歩いていたんですね。お疲れ様です。楽しい旅で良かったですね。

〇いいですね。頑張って下さい。お疲れ様でした。最近は天候不順が続いています。帰路くれぐれも気をつけてお帰り下さい。いいですね!!

〇糸魚川懐かしいところです。現役のころ仕事で毎年のように行っていました。よく雪で立ち往生したことなど思い出しました。お疲れ様楽しそうですね。雨は大丈夫でしたか?

〇また、富山に来て下さいねー#また、来るとき声掛けてくださいねー#

〇また旅に出ているんですね。台風の影響は?香川は雨、風共大した事なく、今は晴れています。今回の予定は。今日は気温が高くなるみたいなので熱中症に気を付けて下さい。お疲れ様でした。昨日、高松では1ヶ月以上続いていた真夏日(猛暑日も含む)と熱帯夜が途切れ、夏の終わりを感じる1日となりました。日中は暫く30℃を越える日があると思いますが、秋がすぐそこまで来ている感じがします。これから歩きの旅が楽になりますね。

〇素晴らしい景色ですね。羨ましい!いい夏の思い出が出来ましたね。

〇台風の影響でフェーン現象により猛暑だったと思いますが、お疲れ様でした。楽しそうですね。何時か話を聞かせて下さい。

〇日本地図を広げて、辿って見ます。北陸はいいですねぇ。何年前に能登半島の先端まで車で旅しました。また行ってみたいとこです。楽しい旅を祈っています。昨日からの荒れ模様の天候は大丈夫でしたかね。素晴らしい海の色にうっとりです。1日の歩距離は流石ですね。当方は10キロがやっとです。これからの行程もどうぞ楽しんで下さい。お疲れ様でした。無事予定通り踏破できて本当に良かったです#

〇今回は北陸方面ですか。天候不順で大変でしたね。確かに絶景ですな。私も行ってみたいです。旧北陸本線及び大糸線のつたい歩き、お疲れ様でした。素晴らしい!!

〇メイクドラマいいですね。この暑さの中凄いですね!

〇台風10号に吹きとばされぬよう!注意に注意を重ねて〜今回、通るか分かりませんが、北陸本線・糸魚川に難所「親不知」があります。今は北陸トンネルで安心の様ですが、気をつけて!松尾芭蕉も奥の細道で波に洗われる石から石を伝って難所した所です。ご苦労様でした。充実してますね。猛暑の中の強行軍、体力も気力も充実だね!私=泥舟は充電!

〇ホント、元気ですね。楽しそうでいい。お天気大丈夫ですか?確かに親不知はいいところでした。明日はどちらですか?暑さに気を付けて下さい。

〇親不知子不知は昔の難所。親も子も構う事忘れて渡ったと言う、海と絶壁に挟まれた街道で義経弁慶も通ったとか。

〇親不知の絶景ありがとう!!超大型台風10号は今日朝鮮半島に上陸か?

〇トンネルが多そうですね。楽しそうです。天候が不安定のなか、無事に終了してよかったです。すみれ会が早くできるとよいですね。その時は、元北陸本線の話をお聞かせ下さい。

〇残暑厳しい中気を付けて楽しい道中を!!おめでとうございます。乾杯!!

〇楽しみですね。お気をつけて、楽しんで下さい。。お疲れ様でした。さぞ、美味しい祝杯なんでしょうね。

〇スゴイですね!熱中症に気を付けて無事踏破下さい!お疲れさまでした。台風の影響が余りなかったようで何よりでした。

〇楽しみですね~~台風の影響があるかも知れないのでお気をつけて、行ってらっしゃあい!新しい遭遇ワクワク!台風大丈夫でしたね!良かったです。何時も恵まれていますね#努力賞で〜--す。一段と美味しいでしょう!気をつけてお帰り下さいね。浜松は連日雷にスコールの様な雨にみまわれています。

〇今朝の能登はだいぶん外気温が涼しくなっています。楽しんで下さい。お疲れ様でした。楽しまれて良かったですね。能登は9月から甘エビが解禁で美味しかったです。

〇楽しみですね。水分とって頑張ってくださいね。お疲れ様でした。いい旅ができて良かったですね。

〇お元気ですね!台風の影響があるから、気をつけて下さいね!樫原さん、無理しないように!!お疲れ様!少し涼しかったから良かったですね。樫原さん、あなたは偉い!!奥さまに宜しく!!

〇よき思い出の旅になりますように!おめでとうございます!又ブログ見させていただきます!

〇やはり、歩くことでの人やものとの出会いが醍醐味ですね。お疲れ様でした。記事をたのしみにしています。

最近の記事

アーカイブ