磐越西線の旅!!その2(川桁〜郡山)

投稿日:2018年09月21日

三日目(平成30年9月17日)は、昨日の続きの川桁から郡山までの33.4㎞に挑戦する。昨日に比べホテルで朝食を摂り、そして川桁方面に一番早い電車(昨日の当初のダイヤ:8時29分発)で移動する。昨日の私の持参した地図では道筋が不鮮明なので、ホテルの係りの方に川桁から郡山までの路筋が載った地図をコピーして頂く。これが功を奏して、もしかすると磐梯熱海駅辺りで時間切れになるのではとないかの不安を払拭してくれた。感謝また感謝である。

本日も昨日の磐梯山と同様、絶景の猪苗代湖を眺めながらの旅となる。関都駅への向かう際、高台からの道路から猪苗代湖が微かに見える。志田浜に面した猪苗代湖畔駅(今は電車未停車)から上戸浜の界隈にある上戸駅まで猪苗代湖を種々のアングルでデジカメに収めながらの歩きとなる。何とか郡山までに到着したい一心から、中山宿駅に向かう際随所でジョギングを取り入れる。中山宿駅は幹線道路から曲がるところが分からず、引き返す事態が発生(ロスタイム30分位)する。しかし、18年間で培ってきた第六感と地元の人のお世話により13時1分到着できる。ジョギングの効果もあり、営業キロ6.5㎞に2時間要する。工事中・・・

磐越西線の旅!!その1(会津若松〜川桁)

投稿日:2018年09月20日

※会津若松駅

福島の旅の2つ日目(平成30年9月16日(月))は、会津若松から郡山までの磐越西線(営業キロ64.6㎞)に挑戦する。何とか本日と明日の2日間でこの区間を踏破したいという一心から、ホテルでの朝食をパスし、8時29分発から5時55分発の郡山始発に切り替える。”不案内な土地は何が発生するかわからない”ための用心である。正に”転ばぬ先の杖”への対応である。結果的に功を奏す。郡山から会津若松方面は初めて踏み入れる地域であったので、電車からの風景は新鮮でワクワクするものがあった。同時に中山宿や磐梯町辺りは山間が続き、この路線は相当難しいのではと察知する。加えて、東長原、広田辺りも幹線道路と鉄道が並走していないため、一層不安は倍増した。

※会津若松駅

※広田駅への路(白い観音様が印象的)、広田駅

※東長原駅、磐梯町駅への路

会津若松駅には7時9分到着。駅前に15分位留まり種々のアングルからデジカメに収める。歩き始めから方向性を誤り右往左往する。会津若松駅は、新潟駅のように磐越西線の上り(郡山方面)と磐越西線の下り(新津方面)が合流の他、只見線もあり、複雑な路線図になっていたからだ。地元の人に聞いて善処する。それでも磐越西線の上りと下りが暫く並走していたので注意を要した。踏切で停まっているドライバーの方のお世話になり、やっと広田駅への道筋が分かる。広田から東長原までの道筋は広田駅前に分かりやすい地図があったので比較的スムーズに踏破できる。しかし、東長原から磐梯町にかけては、レールウエイを白黒コピーしたため道筋が不鮮明で何人もの地元の人のお世話になり、営業キロ6㎞に2時間半も要しやっとのことで踏破できる。それにしても磐梯町駅までの道のりは遠かった。ここから、標高1,819mある磐梯山を眺めながら、翁島駅、猪苗代駅、川桁駅はスムーズに歩くことができる。

※道の駅で昼食に越後だんご、磐梯町駅

※磐梯山スポットからの眺め、翁島駅

※翁島駅界隈の磐梯山、猪苗代駅

当初は川桁駅の2.4㎞先の関都駅を目指していたが、駅界隈の山並みを見て、アップする。結果的に大成功。一つは数分の待ち合わせで上り電車(16時54分発)がやって来たこと。この電車に乗り遅れと次は18時49分となる。ラッキーであった。お蔭様で、NHKの大河ドラマ”西郷どん”まで2時間位余裕があったので、昨日の夕食を摂った夢一膳で連夜にわたりゆっくり地酒を堪能することができた。同時に店長かつ料理人のT氏と記念写真を撮ってもらう機会を得る。加えて、川桁は快速は停まるが、関都駅には停車しない。”人間万事塞翁が馬”と思う瞬間であった。続く。

川桁駅界隈からの磐梯山(コスモスと黄金色の稲が印象的)、川桁駅

水郡線の旅!!その1(野水沢〜安積永盛)

投稿日:2018年09月19日

※新幹線特急券と乗車県、大宮駅

平成30年9月15日(土)から始まる3連休の初日は、水郡線の野水沢から郡山までの営業キロ27.4㎞に挑戦する。水郡線とは水戸から郡山までの142.4㎞で茨城県と福島県に跨る鉄道。1週間位までは北陸本線の福井から敦賀などを考えていたが、週間天気予報では3日とも雨マークであったので、急遽磐越西線などの歩きの旅に切り替える。宿も会津若松の東横インにとり、磐越西線1本に絞って歩こうと思ったが、生憎満室でNGとなった。色々推敲に推敲を重ねて思いついたのが、今回のプラン(磐越西線+水郡線)である。ダイヤの関係で第1日目は水郡線となった。

※郡山駅(やまびこ125号、水郡線)

水郡線のスタートは当初は野木沢駅から営業キロ5.2㎞先にあるの磐城石川駅を想定していたが、足下も悪い上、10時スタートでは終点の安積永盛駅にはとても明るい内には到着できないと判断し、野木沢からのスタートとなった。終点が郡山ではなく安積永盛となったのは、安積永盛から郡山までは東北本線の範疇となり、既に平成21年8月踏破完了していたからだ。結果的に野木沢かのスターとにして大成功。

※野木沢駅、雨の中のスタート

※川辺沖駅、泉郷駅(工事中)

本日の水郡線は、非電化の単線であった。加えて、郡山から常陸大子までは2時間に1本程度のダイヤで相当の制約がある中での歩きを余儀なくされた。それ故。路線の進行方向を掌握するのに相当の神経を費やすこととなった。道路地図を持参しなかったため、終日手探り状態での歩きとなった。これまでの18年間の歩きを通じて培った第六感を信じて必至に歩いて、目標を達成できる。

※川東駅への路(晴れとなる)、川東駅

※小塩江駅、谷田川駅

本日の難所は、泉郷駅から川東までの山越えだろうか。線路が全く見えない区間であったので、暗中模索で必至に歩いた。道を聞きたくても地元の人に会わず。不安また不安の連続であった。しかし、要所の3カ所で運よく地元の人に出会い迷うことなく歩くことができる。もう一つは、川東から小塩江(おしおれ)も方向性を誤って歩こうとしたが、地元の人のお蔭で無事クリアできる。今日も地元の人の多大なるお世話になり、18時51分安積永盛に到着できる。

※磐城守山駅、犬のような木々

郡山駅から「ホテルロイヤル郡山」に向かう際、”みちのく阿波踊り”祭りに対面できラッキーであった。夕食は銘席喰処”夢一膳”で福島県の地酒(天明、会津中将など)を堪能しながら本日の疲れを癒す。

※安積永盛駅、みちのく阿波踊り

夢一膳にて

磐越西線などの旅!!そのプランとは

投稿日:2018年09月18日

平成30年9月15日(土)からの3連休、当初想定した天気が好天となり、実りの秋にふさわしい歩きが実現できる。満足また満足。すなわち、3日間で営業キロ92㎞も歩ける。これで通算9,916㎞(活動日数488日)となり、当面の目標である1万キロまで84㎞と迫った。また、野木沢から安積永盛(あさかながもり)までの水郡線(27.4㎞:8駅)と会津若松から郡山までの磐越西線(64.6㎞:16駅)にある全ての駅舎に立ち寄りにも成功した。両線とも幹線道路に沿ってない駅舎が多々あり、複雑な道筋を鋸型で歩くことが余儀なくされた。しかし、天や神のご加護に加え、鉄道路線を重点においたレールウエイマップル持参のため、道筋がはっきりしないこともあり戸惑ったが、今回も地元の人の懇切丁寧な応援のお蔭で当初の目標が達成できた。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

今回のプランとは次の通り。

○9月15日(土) 雨のち晴れ

やまびこ125号 大宮7時58分 → 郡山8時55分

郡山9時18分 → 野木沢9時57分

野木沢〜川辺沖〜泉郷〜川東〜小塩江(おしおえ)~谷田川〜磐城守山〜安積永盛(27.4㎞)

安積永盛19時17分 → 郡山19時25分

ホテルロイヤル郡泊(04-932-3232)

○9月16日(日) 晴れ

郡山5時55分 → 会津若松7時9分

会津若松〜広田〜東長原〜磐梯町〜翁島〜猪苗代〜川桁(31.2㎞)

川桁16時54分 → 郡山17時34分

ホテルロイヤル郡山泊

○9月17日(月) 晴れ

郡山8時29分 → 川桁9時5分

川桁〜関都〜猪苗代湖畔〜上戸〜中山宿〜磐梯熱海~安子ヶ島〜喜久田〜郡山富田~郡山(33.4㎞)

やまびこ156号 郡山19時30分 → 大宮20時22分

※3日間の旅の足取りはこれから順次ご紹介します。

本日からの3連休!!磐越西線などに挑戦

投稿日:2018年09月15日

平成30年9月15日(土)、本日からの3連休、足下が少し悪い中、当面の目標である1万キロを1日でも早くクリアするため、磐越西線の会津若松から郡山(64.6㎞)、そして郡山から一駅手前の安積永盛(東京より)から水戸まで続く水郡線の一部挑戦。果して、悪天候の中どこまで歩けるか。詳細は後日カッシー館をご覧下さい。

1 / 11312345...102030...最後 »

最近の記事

アーカイブ