グーグルで検索!!統計の凄さに感動

投稿日:2022年12月07日

2022年12月7日(水)、新しいパソコン(2022年11月27日(日)搬入)の色々なテストランニングも兼ね、色々アクセスしたところ新しい発見をしました。同時に情報社会の凄さに驚きました。更に、地道でタイムリーな情報の提供の大切さを感しました。加えて、2012年7月開設した”カッシー館”が皆様のお陰で功を奏しつつあるなぁと。

それは「カッシー館・樫原勉」に関し、一例として次のようなアクセス結果を得たからです。感動また感動で一杯となりました。これからも1年でも長く遊学働を展開しながら、歩く鉄道作家として頑張ろうと改めて認識しました。因みに本日のカッシー館の画像のハッシュタグには14個ありました。(比叡山、フコク生命、観光、アーバンパーク、関東桜、菅谷、樫原、磐越東、樫原勉、東武鉄道、高松、ウォーキング、旅行、読本)

①カッシー館の画像をアクセス

②「樫原勉」を検索

③「鉄道」を検索

④「歩く」を検索

⑤「pdf登場」を検索

わいわい道中記!!2022年版掲載(高松一高同窓歩き会)

投稿日:2022年12月05日

2022年12月5日(月)、2022年版の”わいわい道中記“(高松一高同窓の歩き会の記録:2007年初刊より今回第16号作目)ができましたのでご紹介します。カッシー館への公開は、今回初の試みです。

本道中記は、カッシー館に公開したブログを軸にまとめたPDF読本です。コロナ禍の中、用心に用心して、高松一高同窓の各位、頑張ったと思います。ご愛読者の母校の歩き同好会のご参考になれば幸いです。

下記をクリックすると御覧頂けます。

わいわい道中記(2022第16号)

 

(^^♪・・・・・(^^♪・・・・・・

早速、高松一高のOB・OGから心温まるメッセージを恵送頂きました。感謝と感激で一杯となりました。ご紹介します。

〇今晩は❗わいわい道中記2022を拝見しました☺️一年間の活動に懐かしいお顔も見える中、思わず笑みを浮かべながら拝見致しました(ハート)何はともあれ、館長さんであるカッシーさんのお世話があっての事ってつくづく思いました。参加された皆さんが、楽しかった‼️って心から思うのも分かるような気がします‼️今一度、パソコンの画面で楽しみたいと思っています。お知らせ有難うございました(ありがとうございます)

〇丁寧な記事何時も感心してます。自分の参加コースでは楽しい時間が甦ってきますして~~ありがとうございます♬

〇お知らせありがとうございます。先程拝見させて頂きました。コロナ禍ですが樫原さんを 先頭にて頑張って参加されてるご様子 素晴らしいです!後 伴さんのご自宅もステキ過ぎますね。脱帽です!
本日はすこぶる寒いです.どうぞ、ご自愛下さいませ。

〇お疲れ様です。お目目、気をつけてくださいね!よう頑張りますね‼すごいなぁ!アンヨ、大事にしてくださいね。

〇いよいよ完成ですね。よかった。おめでとうございます。

〇連絡ありがとう。来年も宜しくお願い致します。

〇樫原さん、帰宅したら拝見させて頂きます。

〇ありがとう。後で見てみます。わいわい道中記、楽しく見させていただきました。これからもわいわい会をよろしくお願いします。

〇こにちは。道中記熱心に記録して公開されていますね。当方只今京都家族旅行中です。鞍馬山登山や保津川下りを楽しん出います♪

〇お疲れ様です。カッシー館、覗いてみます。

〇お疲れ様でした。時節柄、お身体に気を付けてお過ごし下さい。ぺこっ・・・

〇頑張っていますね。現代の芭蕉だね。頭だ下がります。元気のつづくかぎり、挑戦して下さい。

新記録更新!!37の都道府県別からアクセス

投稿日:2022年11月30日

2022年11月30日(水)、カッシー館開設(2012年7月21日(土))以来初めて全国47都道府県のうち、ワードプレスによると何と37都道府県からアクセス(78.7%)がある。感動と感謝で一杯となる。カッシー館長として嬉しい限り。この場をお借りし、熱く厚く御礼申し上げます。引き続き、カッシー館への益々のご愛好宜しくお願い申し上げます。

2022年11月30日

カッシー館長 樫原 勉

第88回わいわい会開催!!充実した一日を送る

投稿日:2022年11月29日

2022年11月29日(火)曇り、第88回わいわい会(高松一高同窓歩き会)において、東急電鉄の目黒線(無黒~大岡山:営業キロ4.3㎞)を総勢5名でつたい歩きする。なお、東急電鉄(プラスみなとみらい線)は、第45編として”日本横断歩き鉄の旅”PDF読本をカッシー館に本年7月20日公開済みの路線である。本日は、大岡山までの鉄道つたい歩きに加え、同窓後輩の伴真弓(ケーキー教室の先生)さん宅にお邪魔し、手作りの庭の鑑賞や料理専門家の美味しいランチをご馳走になるイベントもあったので、少なくとも12時15分位には大岡山駅に到着する必要があった。そして、歩かないメンバー3名と大岡山駅で合流し、伴さん宅にお邪魔する運びであった。それ故、本日はいつもと大きく異なり時間に追われる歩きを余儀なくされた。ラッキーにも、お忙しい中伴さんに大岡山駅まで出迎えて頂く。

※大岡山駅(総勢9名)

※伴さん宅

各駅舎到着時刻は次の通り。

目黒(10:17)~不動前(10:55)~武蔵小山(11:25)~西小山(11:44)~洗足(11:57)~大岡山(12:19)

①目黒線(目黒~多摩川;この区間の線路は概ね地下)は2022年7月18日(月)に単独で踏破したばかりなので、沿線の残像がかなり残っていた。ただし、目黒駅から不動前駅については、前回の行程とは異なる道筋で臨んだこともあり、本日は引き返す場面が生じ、10分位ロスタイムが生じる。この区間に関しては、何人もの道筋で出会った方のお世話になりやっと到着できる。また、12時過ぎ、大岡山駅で待ち合わせの関係から、西小山駅からの歩きは3名となった。これで通算営業キロは、1万4千29㎞(活動日数688日、日本の鉄道の50.6%、地球円周の35%)となる。

※目黒駅

※不動前駅への路

※不動前駅、武蔵小山駅

※武蔵小山商店街、西小山駅

※洗足駅、大岡山駅への路

※大岡山駅への路

②12時19分、大岡山駅前で集合写真撮影後、伴さん宅にお邪魔し、トトロを全面に醸し出した手作りの創意工夫した、素晴らしい庭園を鑑賞させて頂く。この庭園は関東桜紫会会報の第22号にトピックス(グランマの妄想から生まれたモザイク画)として掲載されている。私は本年3月27日(日)以来2度目の鑑賞。何回観ても感動また感動であった。

③30分位鑑賞後、屋内に入り、不要になった日用品などを創意工夫して創り上げた作品を披露頂く。そして、専門家の料理を堪能させて頂きながら楽しいひと時を過ごさせて頂く。また、手作りケーキもご馳走になる。

④あっと間にお暇の16時となる。歩きあり、鑑賞あり、ご馳走ありで楽しい楽しい一日となった。お忙しい中、8名もの同窓のメンバーをお招き頂いた伴さんには、この場をお借りし熱く厚く御礼申し上げます。また、コロナ禍の中、本日参加頂いた各位に感謝の気持ちで一杯となる。次回の第89回わいわい会は2023年3月9日(火)、荒川都電荒川線歩き(リベンジ)で、再会しましょうで幕となる。

※参加者全員が撮影スポットで伴さんとツーショット!!

(^^♪・・・・・・・(^^♪・・・・・・・・

早速、撮り鉄達人の植松良治氏(関西桜紫会メンバー)より心温まるメールを恵送頂きました。ご紹介します。

おはようございます。カッシー館、覗かせていただきました。伴ちゃん宅での集会、賑やかですね!懐かしい、門口さんのお姿、また、遠く浜松から出席の姉さんも、はずんでる様子が伝わってきます。トトロの前での、カッシーと伴ちゃんのツーショット、それにしても、伴ちゃん宅のお洒落な庭も凄いデスね!
さて、わいわい会の訪問先は、三保の松原とのこと、後は、当日の天気を期待して、富士山が臨めることを祈るばかりです。夏が待ち遠しい!

磐越東線の旅!!その5(三春〜郡山)

投稿日:2022年11月23日

2022年11月18日(金)快晴、磐越東線の五日目である仕上げ旅は、三春駅から郡山までの営業キロ11.9㎞に挑戦する。一昨日の11月16日(水)、菅谷から郡山への移動の際、この区間も山また山で「難しい区間」と考えていた。しかし、11月17日(木)、郡山から菅谷の移動の際、左手側に着目し、車窓からの下見が功を奏し、「踏切への移動はなく、花道的な道筋である」と察知する。それでも道中何が起こるかもわからないので、安全を期し、郡山7時59分発を6時52分に早める。結果、郡山には11時到着し、郡山発の新幹線ダイヤを13時31分から12時31分に早めることができる。

※ホテルチェックアウト

※お世話になった夢一膳前を経由し郡山駅へ

※郡山駅

磐越東線路線図(舞木駅)

各駅舎立ち寄り時刻は次の通り。

三春〈7:10)〜舞木(もうぎ、8:50)〜郡山(11:00)

①三春駅前をデジカメに収めた後、舞木駅に向けて出発する。手袋を持参していなく、1時間位冷たい手を気にしながらの歩きとなる。国道288号線を歩く。7時23分、瞬間的に三春町から郡山市となる。7時38分、郡山方面の列車と対面する。8時13分、いわき方面の列車と対面する。本日は山道でもこれまでの風景と異なり、沿線には企業や民家が広がっていた。正に花道という感じの沿線であった。8時22分、三春町山田で郡山方面の列車と対面する。左手には鉄道に沿って桜川が流れていた。8時41分、46歩ある橋を渡る。その先に舞木駅〈8時50分)があった。

※三春駅

※三春駅前

※舞木駅への路

※舞木駅

※舞木駅前

②9時15分、三春町から郡山市となる。9時21分、郡山市見方を通過。9時30分より逢隈橋(おおくま、阿武隈川、555歩)を渡る。9時43分、富久山自動車学校前を通過。10時3分、日東紡富久山事業センター前を通過。この企業前には福島交通の日東前バス停があった。10時18分、東北本線や磐越東線を跨ぎ、鉄道の左側となる。10時30分、116歩ある逢瀬川を渡る。広々とした郡山の街並みを歩く。200m位続くゆうゆう地下道(10時51分)を横切り、鉄道の右側となる。郡山の街並みを歩いた先に郡山駅(11時)があった。

※阿武隈川までの風景

※逢隈橋(阿武隈川)

※富久山自動車学校、JR線を跨ぐ

※逢瀬川を渡ると郡山の街並み

※前方に郡山駅、ゆうゆう地下道

※ゆうゆう地下道出口、郡山駅

※郡山駅

※福豆屋、郡山おみやげ館

➂駅構内の福豆屋で蕎麦を食べ、お土産を購入後、みどりの窓口で新幹線特急券を13時31分から12時31分に切り替え、新幹線内で祝杯のためのビール・酒・つまみを購入。そして、新幹線内でささやかながら祝杯をあげる。

※ささやかながら祝杯をあげる!!

④今回の旅は、初日は小雨となったが、それ以外は天気に恵まれ、紅葉を満喫しながら歩くことができる。磐越東線はダイヤ、宿、環境などで踏破には難しいコースであった。しかし、地元の人の応援と推敲に推敲を重ねたプランが功を奏し、予定通り全駅舎踏破に成功する。感謝・感動で一杯となる。近い将来、磐越西線の会津若松駅から新津駅までの営業キロ111㎞を踏破し、第30編(磐越東線・磐越西線)として予定している”日本横断歩き鉄の旅”PDF読本を一日も早く歩く鉄道作家として執筆したいものだ。それにしても旅はいいものですね。完

1 / 26412345...102030...最後 »

最近の記事

アーカイブ