2017年6月の記事一覧

母校のメールマガジンに!!日本列島縦断達成の記事

投稿日:2017年06月28日

平成29年6月27日(火)、母校の数物会報メールマガジン事務局から次のような連絡があり感激。

原稿拝受いたしました。

楽しく拝読させて頂きました。

2回に分けて掲載させて頂きたいと考えます。

予定では、7月号と8月号で掲載したいと思っています。

ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

なお、原稿のタイトルは”(祝)日本列島縦断達成!!各駅舎立ち寄り鉄道つたい歩きで”

次の通り、小見出しを入れ、連載でも掲載できるようにしました。ページ数は写真等を20枚挿入のため、ザックリ8ページとなりました。

〜日本縦断の達成感ひしひしと〜

〜私のウォーキングのきっかけとは〜

〜旅行記の一場面~

〜私の今後の歩み方~

盛大に開催!!東京香川県人会第2回理事会

投稿日:2017年06月20日

平成29年6月19日(月)、都道府県会館402会議室で東京香川県人会第2回理事会が盛大に開催される。参加メンバーは60名位。会次第は次の通り。

開会/会長挨拶/報告/議題/その他/閉会

冒頭のご挨拶で松平会長より香川県発展のための熱い熱いお話がある。特に印象に残ったのは、幕末での松平藩の対応・・・。非常に興味深いお話であった。その中で玉藻城の天守閣の再建は非常にタイムリーに感じた。一方、今日の議事の中で、どうやって香川県の発展に寄与するかが特に印象に残った。また、懇親会費の値上げの可否にも熱心な議論が展開された。80分位の議論のあと、B1の中華料理店で懇親会が開催される。あっという間に会議を含めた3時間が過ぎ去る。

※松平会長を囲んで

懇親会の席で、日本縦断達成のお話をしたところ、関係各位から熱い熱い反応があり、私にとって充実した感動の一日であった。

 

”父の日”感動しました!!これからも”遊学働”を貫きます

投稿日:2017年06月19日

平成29年6月18日(日)、3人の子共達家族から、父の日のプレゼントとして、大好物の酒を頂く。日本酒、焼酎、そしてウイスキーと違った種類で。少し前母からビールを送付頂いたので、ワインがあればすべてのアルコールのプレゼント・・・。また、夕食は家内に近くのくら寿司でお祝いをして頂く。感無量の思いで一杯。天や神に感謝あるのみ。

先月の5月7日(日)、博多駅にて日本縦断の旅(営業キロ2,961.1km、活動日数111日、立ち寄り駅舎数676駅)が達成し、そのお祝いでもあった。一方、先日の日本海沿線の旅(長岡〜新潟〜新発田)の旅日記の草案(A4判で12頁)が父の日に併せできホットしているところだった。感謝また感謝。これからも一日でも長く現役生活を続け、自分の人生哲学の一つとしている”遊学働”を貫きたいものだ。

本日やっと2勝目!!セ・パ交流戦

投稿日:2017年06月13日

平成29年6月13日(火)、アクチュアリーの友人である今治久昇氏と一緒に東京ドームに、2017日本生命セ・パ交流戦「巨人VS福岡ソフトバンク」の試合を観戦に参上する。開幕戦以来本年は2度目。座席はライト側25番ゲートから入った56通路「17列634番」の外野席。センターの陽選手が近くに見える席であった。このような外野席は生まれて初めて。料金が安い分、シートが狭く背もたれもなかったが、必至にジャイアンツファンと応援する。

お蔭様で菅野投手・坂本選手などの活躍で5対1でソフトバンクに競り勝ち、やっと両目があく。しかし、交流戦の通算成績は2勝11敗と巨人ファンにとって情けない成績。東京ドームの白星は5月16日以来とのこと。加えて、13連敗のワースト記録を喫した。

巨人の弱い弱い姿は観たくない。全員が一丸となり、再出発して欲しい。巨人ファンとしては、将棋の藤井四段のように24連勝とか30連勝して汚名返上してもらいたいものだ。今日の試合を起点に”でっかいメイクドラマ”を・・・・。

今治さんか昨日の試合に関し、次のようなメッセージを頂く。

昨日はお疲れさまでした。
敗け癖がついている中で、梅雨の晴れ間のような試合でした。
前回(開幕戦)のマイコラス、今回の菅野と安心して見ていられる試合で、リズムが良いと追加点もタイミング良く取れます。ソフトバンク戦は2年連続3連敗でしたが、やっと終止符。菅野はここ数試合ボール1つ分くらい甘めの投球が多々見受けられましたが、今日はコントロール抜群で10個の奪三振。5/17日からの東京ドームでの連敗も8でストップしました。まだ80試合以上残っています。二桁連勝すれば「敗け(MAKE)ドラマ」ではなく「Make Drama」になります。

今治

2年振りに開催!!高松一高の東西交流会(第7回)

投稿日:2017年06月11日

 

平成29年6月10日(土)、浜松町の界隈にある笠井設計KCDホールで13時半より、高松一高の卒業生を母体とする”関西桜紫会”と”関東桜紫会”による第7回東西交流会(総勢30名参加:本体は香川県にある桜紫会)が、将来の同窓会のあるべき姿を求めて2年振りに開催され、活発の議論が展開される。主な会次第は次の通り。

概要報告/活動報告/広報活動/体制強化策/年会費納入促進策

※関西から駆けつけてくれた関西桜紫会のメンバー

インターネットに関連する活発な議論が展開された後、16時過ぎ、トラトリア チッチ ファンタスチコ(イタリア料理)に移り、懇親会が盛大に開催される。あっという間に2時間が過ぎ去る。最後は「一高のファイト応援歌」で締める。今日も充実した一日であった。

※イタリアンレストランにて

<これまでの開催足跡>

第1回(平成21年5月:熱海市去来荘:13名参加)/第2回(平成22年3月:西宮市六甲保養荘:21名参加)/第3回(平成23年7月:彦根市ホテル芹川:33名参加)/第4回(平成24年5月:京都市関西セミナーハウス:33名参加)/第5回(平成25年6月:港区東京さぬき倶楽部:21名参加)/第6回(平成27年5月:松阪市梅一:17名参加)

 

1 / 3123

最近の記事

アーカイブ