日豊本線の旅!!その5(日向市〜延岡)

投稿日:2020年02月29日

※宮崎駅を後にする!!

2020年2月18日(火)晴れ、日豊本線つたい歩きの旅の5日目は、日向市駅から延岡駅までの営業キロ20.5㎞に挑戦する。初日の宮崎空港から宮崎にかけての行程以来、リュックを背負っての歩きのため労力を要する。しかし、鉄道つたい歩きする行程が比較的フラットであったので助かった。

※日向市

本日の駅舎立ち寄りの状況は次の通り。日向市(9:01)〜門川(11:10)〜土々呂(12:58)〜旭ヶ丘(14:00)〜南延岡15:08)〜延岡(16:26)
※宮崎交通 仙ケ崎駅バス停とその時刻表(10時5分到着)
本日の歩きで印象的に残ったのは次の通り。
①門川駅構内にある門川町観光協会の事務局長大石隆治氏に偶然にもお会いし、”カンムリウミスズメ”(体長24㎝、重さ160g〜170g)についてお伺いした。店内にはカンムリウミスズメの他、枇榔島(びろうじま)を訪れる多数の野鳥の写真などが展示されていた。ここで20分位と滞在時間は短かかったが、観光協会の情報関連の他、私の鉄道つたい歩きに関する話で盛り上がる。帰りの際、チラシの他、カンムリウミスズメのバッチを記念に頂く。感謝感激。
※門川駅、カンムリウミスズメ
※事務局長大石氏と記念写真
※記念に頂いた”カンムリウミスズメ”のバッチ、そのチラシ
②12時4分、林田石材工場で含蓄ある言葉が多々あり、その中で印象に残る文言をメモする。”ありがとう、二度と返らぬこの刻に我々は只々ありがたく生きる”
※林田石材工場
③土々呂駅(ととろ)は、よく聞く”となりのトトロ”に関係するかと思ったところ、ネットで調べたところ無関係であった。
※土々呂駅、国道10号線(延岡市土々呂町)
※木々の間からワンちゃん挨拶!!、旭ヶ丘駅
※南延岡駅
④延岡市は”旭化成の街”と感じた。遠くから工業用の煙突が見えたが、その正体は旭化成グループの工場の煙突だった。鉄道沿線に沿って、1㎞位にわたり工場が続いていた。インターネットで調べると、延岡市は、宮崎市(40.1万人)、都城市(16.5万人)に次いで3番目の市(12.5万人)とあった。それ故、街並みはそれなりに賑やかであった。3月の下旬、昨年のリチウム電池でノーベル賞を獲得した吉野彰氏の画像が印象的であった。
※旭化成専用の踏切、旭化成の事務所
⑤宮崎市と同様、延岡市も大瀬川(須崎橋:493歩)や五ヶ瀬橋(215歩)を渡った先に街並みが広がっていた。
※旭化成の煙突、大瀬川
※延岡駅
⑥ホテルの1階にある和食亭”こだま”で本日と明日の二日間にわたり、店長や女将さんと懇談する。
※琴恵光関の後援会事務所、マスターと歓談

日豊本線の旅!!その4(日向新富〜宮崎)

投稿日:2020年02月29日

※フコク生命宮崎支社、黒霧島の看板

※宮崎市内の朝

2020年2月17日晴れ、日豊本線の旅の4日目は、日向新富駅から宮崎駅までの営業キロ19.9㎞に挑戦する。本日の宮崎発の電車が8時47分とゆっくりした時間帯あったので、東横インで朝食をとり、その後宮崎の街並みを散策する機会を得る。その主な理由は、一昨日泊まった宮崎中央通東横インの画像を撮影していなかったためだ。目的地までの途中、数年前までお世話になったフコク生命の宮崎支社があった。往路は、山下氏との前夜祭で歩いた若草通商店街などを経由し、駅前東横インに戻って来る。そして、一服して宮崎駅に向かう。

※宮崎駅、日向新富駅

本日の各駅舎立ち寄り時刻は、次の通り。日向新富(9:17)〜佐土原(11:26)〜日向住吉(12:53)〜蓮ヶ池(14:20)〜宮崎神宮)(15:10)~宮崎(16:35)

本日も昨日と同様平坦な路であったので、大きな障害はなく上手く進行できる。歩き当初は風が冷たかったが、正に天気よし、コースよし、観光よし、料理よしの一日で日向市駅からの花道を飾る一日であった。

※軍瀬踏切、日向大橋(一ツ瀬川)、幸の看板に本格焼酎”くつろぎ”

駅舎立ち寄りの際で、印象に残った点を例示すると次の通り。10時8分軍瀬踏切を横切る。10時、22分、万歩計で991歩ある日向大橋(一ツ瀬川)を渡る。橋を渡ると新富町から宮崎市となる。

※佐土原駅、大関の天麩羅蕎麦は美味かった!!

宮崎市の佐土原駅からパスモ対象となる。11時8分、義理の親父と同じ活字の幸という看板前で本格焼酎”くつろぎ霧島”の看板を見かける。11時40分、タイミングよく佐土原駅前の”大関うどんそば”で昼食とる機会を得る。店は一番乗りで、出る時には10名位であった。とても美味しい天麩羅蕎麦であった。

※日向住吉駅、元北村バス停界隈で見かけた愛想のよい”ろば”(つながれていたので合図しても来ず)

14時10分、蓮ヶ池駅を通り過ぎる場面を、地元の人の応援で危機一髪リカバリーできる。聞くタイミングが功を奏した。宮崎神宮駅を踏破後、宮崎神宮を参拝。そして、今NHK大河ドラマで放映してる”麒麟がるくる”前を通り、朝散策した街並みを歩き、宮崎駅(16:35)を踏破する。

※宮崎神宮駅

※宮崎神宮参拝

※NNK前(大河ドラマ”麒麟がくる”)の看板前

※宮崎神宮からの路、宮崎駅、炎の舞

夜は、宮崎駅の構内にある居酒屋”炎の舞”で祝杯をあげる。この店で加古川出身の若者と知り合い、楽しいひと時を送る機会を得る。正に前半の旅行行程で花道に相応しい一日であった。

※加古川出身の若者(プロ野球キャンプ視察)と祝杯!!

日豊本線の旅!!その3(都農〜日向新富)

投稿日:2020年02月27日

2020年2月16日(日)、小雨模様の中、都農駅から日向新富駅までの営業キロ21.3㎞に挑戦する。本日の駅舎到着時刻は次の通り。都農(9:36)〜川南(11:52)〜高鍋(14:55)〜日向新富(16:47) 本日のコースは昨日に比べ、平坦な道筋であった。

※宮崎駅

※都農駅、都農駅前の牧水の歌碑

当初の宮崎駅の時刻は7時14分であったが、次の点を勘案し8時47分発の電車に急遽変更する。①昨日の車窓から観察する限り、難しいコースでないと判断した。②雨模様のため、本日歩く距離を一駅を短くし、天気予報が晴れの明日との平準化を図った。(28㎞+13.2㎞→21.3㎞+19.9㎞)③宮崎中央東横インで朝食をとりたかった。④ホテルから宮崎駅まで徒歩15分位所要時間を要した。⑤リュックを本日泊まる宮崎駅前東横インに預ける必要があった。なお、宮崎駅から都農駅に向かうダイヤは7時14分と8時47分の間には全くなかった。

※親子連れの猫、川南駅への路

※鏡で自分の画像を撮る、川南駅(駅前には駐車場あり)

※川南漁港、故郷の高仙山のような山々

足下が悪い中、重いリュックを背負い宮崎駅まで移動するのはエネルギーを費やすので、ホテルにて7時50分にタクシーを呼んでもらい移動する。それ故、駅前東横インで宿泊の準備を終えたのち、30分待ち時間が生じる。コロナウイルス対策で、大半の乗客が、異様に感じる程マスクを着用していた。先月の天橋立・城崎温泉の旅の際は中国人の姿を多数見かけたが、今回はホテルや駅構内などで殆ど見かけなかった。

※めぐみの聖母保育園、小丸川

8時47分の電車で、都農駅まで移動する。雨模様の中、少し歩いた先で高松一高関東桜紫会の幹事長藤本氏から、来る10月に開催の関東同窓会の来賓の先生に関する情報が入る。色んな事情で予定していた恩師全て難しいとのことであった。「再度考えましょう」と回答。今日も途中蒸し暑くなり、川南駅経由し、川南漁港を過ぎた辺りでコートを脱ぐ。いつの間にか雨は上がり、薄曇りそして晴れとなる。12時58分、高鍋まで7㎞の地点に到達。この界隈の山々の風景は、故郷香川の山々と同じように見え親しみを覚えた。13時8分、娘と同一発音の”めぐみの聖母保育園”前を通過。13時16分、川南町から高鍋町に入る。

※高鍋駅、宝酒造

14時、宮崎30㎞、都城86㎞、日南88㎞地点の道路標識前を通過。近くに門司まで305㎞とあった。家内がかつて勤めた持田製薬の持田の地名があった。少し行った先で息子の名前の”けいすけ”という看板がった。それにしても、”人生とは不思議なものですね”を痛感する瞬間であった。14時23分、万歩計で568歩ある高鍋大橋(小丸川)を横切る。橋を渡り、左折して高鍋保健所などを見ながら高鍋駅(14時55分)に到着。駅を少し行った先に宝酒造(株)があった。少し寒くなったので、コートを着る。15時13分、113歩ある宮田川を渡った先で、自宅界隈の地名と同じひばりヶ丘の名がつくマンションがある。16時25分、水沼神社前を経由し、日向新富駅には16時47分到着。

※宮田川、門司まで310㎞地点、日向新富駅

※日向新富駅、その駅の時刻表

本日は昨日と好対照で10分位の遅れで16時39分の電車に乗り遅れる。その結果、次の電車は17時46分となる。宮崎駅には18時10分到着。駅構内にある三角茶屋”豊富うどん”で夕食をとり、その後ホテルで乾きもので祝杯をあげる。

※宮崎駅、三角茶屋”豊吉うどん”

日豊本線の旅!!その2(日向市〜都農)

投稿日:2020年02月26日

※宮崎駅、日向市駅

2020年2月15日(土)、雨の中、昨日の飲み過ぎと食い過ぎで体調は万全でなかったが予定通り、特急”にちりん6号”で、日向市駅に向かう。雨空の中、金ヶ浜など美しい海岸線を見ながら楽しむ。お蔭様で日向市駅に近づくにつれて、薄曇りの空模様となる。今日も天や神のご加護を得て、日向市駅に到着する頃には雨が上がっていた。

※若山牧水の像、日向市駅駅構内の金賞作品 (日向市駅の構内)

本日の営業キロは22㎞で、駅舎に立ち寄り時刻は次の通り。日向市(9:02)〜財光寺(9:52)~南日向(11:11)〜美々津(みみつ:13:34)〜東都農(15:00)〜都農(つの:16:18)

※財光寺駅、南日向駅

本日印象に残ったのは、次の通り。

①南日向駅から美々津までの6.6㎞は遠かったこと。途中、ヤシの並木路もある風光明媚な金ヶ浜海岸線を堪能するが、地名の通りミミズのように海岸線がくねくねと続き、歩いても歩いても美々津駅に到着できず。加えて、耳川を渡る際、陸橋の手前において歩道橋がなく、右往左往する。近くには人の姿なし。それ故、試行錯誤を繰り返し、途中から歩道橋に繋がる道筋を見つけ難を逃れる。

※ヤシの並木路、金ヶ浜界隈海岸線

※耳川越えで悪戦苦闘、美々津駅

※美々津駅、東都農駅への路

②至ところで美味しそうな海鮮料理の店が海岸線沿いに多々あったが、苦渋の選択から昨日食べすぎのためパスしたこと。

③東都農駅と都農駅は国道10号線から別の道路(県道302号)に切り替えなければならなかったが、それを無事発見できたこと。昨日お世話になった山下氏から東都農駅の界隈で心温まるメールが入り、元気づけられる。東都農駅到着辺りから小雨模様となり、都農駅到着の頃には雨となる。しかし、⒉分位の待ち合わせ時間で宮崎空港行きに電車に間に合い感謝感激。

※東都農駅、都農駅

※都農駅、宮崎空港行の電車

宮崎駅に着くや、雨のため、タクシーで中央通り東横イン向かう。タクシーの運転手さんとコロナウイルスやウォーキングの話などをしながらの移動となる。昨日の飲み過ぎ、食べすぎもあり、ホテルで軽く祝杯をあげ2日目は閉幕となる。

日豊本線の旅!!その1(宮崎空港〜宮崎)

投稿日:2020年02月25日

※宮崎空港、宮崎空港駅内のお店

2020年2月14日(金)、日豊本線の皮切りは、宮崎空港から宮崎までの営業キロ6㎞で、今回の旅で最も短い区間となった。初めて、宮崎に踏み入れて一番印象に残ったのは、ヤシの木とプロ野球のキャンプ状況。特に巨人軍原監督のユニフォームが空港を下りるや否や目にはいった。正式には宮崎は遠い昔高校時代の修学旅行で立ち寄ったが、どこを観光したかは全く記憶がない。全く不勉強で臨んだため、空港線、日南線そして日豊本線の関係図が頭にインプットされていなかったので戸惑った。本日の駅舎の立ち寄り時刻は次の通り。

※宮崎空港駅、宮崎空港駅界隈での特急”にちりん”(宮崎空港〜大分)

宮崎空港(12:08)~田吉(12:54)~南宮崎(13:40)~宮崎(15:24)

本日もメイクドラマがあった。本日初めての踏破駅で迷路で対応中の際、高松一高桜紫会前会長の多田野氏から来る3月7日(土)のわいわい会(高校同窓の歩き会)の件で問い合わせがあったからだ。このような電話は、数年前小樽から函館踏破の際、秘境駅姫川駅を悪戦苦闘している最中、職場の仲間からあったのを思い出した。

※田吉駅、日南線の車両(非電化)

※どっしりした猫、南宮崎駅を軸とした路線図

南宮崎駅手前でまるまるとした猫が鉄道のど真ん中でゆったりいるのを見かけ、疲れた神経を癒してくれる。もやもやした路線図について、南宮崎でその正体が判明し、すっきりする。すっきりしたところで、駅舎内にある食事処”ライオン”で遅い昼食をとる。昼食をとり、ゆったりした気持ちで宮崎駅に向かう。これまでの歩きで強く感じたことがある。それは、主要駅への入口には必ずと言っていいほど、大きな川がある。14時8分、今回も大淀川(私の万歩計で679歩)が横たわっていたからだ。

※南宮崎駅(車両基地あり)、食事処”ライオン”

※大淀川、宮崎駅

東横インで寛いだあと、宮崎市の繁華街にある店(ひかり)で、大学時代の友人山下氏と8ヶ月 振りに旧交を温める機会を得る。感謝感激。この店は飲み放題・食べ放題が売り物で満室の状態であった。この店を出る時には、22時半を回っていた。我々年配者には胃袋には負担となったが、楽しい日豊本線踏破の際の前夜際となった。

※商店街”若草通”、居酒屋”ひかり”

※山下氏と前夜祭

続く・・・・・

最近の記事

アーカイブ