2021年6月の記事一覧

リベンジ4回目!!横浜線(八王子~町田)

投稿日:2021年06月11日

2021年6月11日(金)晴れ、リベンジ4回目は横浜線の八王子駅から町田駅までの営業キロ19.7㎞に挑戦する。前回の歩きが2001年9月29日(土)なので、約20年振りの再挑戦となる。前回の旅記録を読み直して懐かしくなる。しかし、この頃の歩きは、折角到着した駅舎でも、駅舎写真や到着時刻を明記していない。現在、”日本横断歩き鉄の旅”と題して、新規歩きがない時間を活用して、PDFにまとめている。横浜線も第17編から第24編の範疇にある。リベンジが可能な区間については、リベンジしてPDFに臨もうと考えている。そんなことで、本日の歩きとなった。

※町田駅、八王子駅

※八王子駅、片倉駅への路

本日の歩きは地図を持参せず臨む。本日も面白い出会いがあった。到着時刻は次の通り。

八王子(11:41)~片倉(12:45)~八王子みなみ野(13:10)~相原(14:03)~橋本(15:02)~相模原(15:57)~矢部(16:28)~淵野辺(16:46)~古淵(17:33)~町田(18:36)

①八王子から片倉区間は、京王線も並走しており、前回の歩きでは、誤って京王線の高尾方面に進行していたとある。今回の歩きは、誤っては進行していないが、中央線・京王線に進まないよう神経を費やした。ナビでも確認。路地から路地へと紆余曲折しながら片倉駅を目指す。地元の人の応援で営業キロ2.6㎞先にある片倉駅にやっと12時45分到着できる。本日の一番の難関区間であった。紆余曲折しているうちに鉄道の方向を誤ったからだ。

※片倉駅への路、片倉駅

②八王子みなみ駅への道筋は、桜並木を歩いた先にあった。日影が続き気持ちのよい区間であった。

※心地よい桜並木、八王子みなみ野駅

➂相原駅への道筋は、当初はJR線がトンネルを通過することもあり、今回の区間で最も難しいのではと察知した。地元の人に聞いたのが功を奏した。「山間の中にある東京造形大学の傍を通れば行けますよ」のアドバイスで。旅記録を読み直すと、前回も本日の経路を通っていた。途中、森の中でスクールバスと対面(13時43分)する。その先で八王子市から町田市となる。13時50分、森が終る頃、乗馬クラブがあった。木陰があり、適度のアップダウンを経由し、相原駅には14時3分に到着。

※東京造形大学行きのバス、八王子市から町田市へ、乗馬クラブ

※相原駅、そば処大村

④相原駅から数分歩いた先で、そば処大村を見つけたので、遅い昼食をとる。美味しい天麩羅そばであった。30分位休息後、淡々と歩いた先に橋本駅(15時2分)があった。この駅は、リニアモーターカーのターミナル駅が予定されていることもあり活気を感じた。この界隈に東横インもあった。

※橋本駅、橋本駅界隈の洒落た歩道

⑤15時25分、家内とよく通った小原踏切を横切って鉄道の右側を歩く。ここから町田駅手前までこのポジションで除む。幹線道路や路地を淡々と歩いた先に相模原駅、矢部駅、淵野辺駅、そして古淵駅がある。相模原駅と矢部駅への道筋は、鉄道に沿ってあった。また、矢部駅と淵野辺駅までの距離は800mと近いのには驚いた。

※小原踏切、相模原駅への路

※相模原駅

※矢部駅への路、矢部駅

※淵野辺駅

※古淵駅

⑥古淵駅から町田駅までは意外に遠く感じた。17時45分、相模原市立大野小学校前通過。17時58分、おふろの王様天然温泉前を通過。温泉にでも立ち寄りたい心境になったがパスする。18時3分、相模市立鵜野森中学校前を通過。その先の交差点で左折する。18時14分、神奈川県相模原市から東京都町田市となる。本日は万歩計を忘れたので測定ができないが、森野橋(境川)と住吉橋(JR線跨線橋)があった。町田駅前通りを歩く。18時20分、町田市役所、市民ホール前を通過。この先で2両編成の珍しい急行バスと対面する。町田駅には18時36分到着する。駅前のみどりの窓口で、来る6月17日から始まる羽越本線の旅の乗車券を購入する。

※おふろの王様、神奈川県から東京都へ、住吉橋からの町田駅方面

※始めた観た2両編成バス、町田駅

本日の歩きで通算営業キロは1万2千32㎞(歩き日数587日)となる。

素晴らしや!!小浜線5枚のSL写真

投稿日:2021年06月07日

お馴染みの高松一高の先輩である植松良治氏(撮り鉄達人)から、先日小浜線について次のようなメッセージとSL写真5枚を恵送頂きました。感謝・感激で一杯になりました。皆様もご鑑賞下さい。

(^^♪・・・・・・・・(^^♪・・・・・・・・

樫原 様

こんにちは。

梅雨の中休みに恵まれての,舞鶴線,小浜線沿線の歩き,お疲れさまでした。線路沿い伝い歩き中には,ラインでの写真送付をいただき,ありがとうございました。半世紀前のネガフイルムを探したところ,当時のSL写真が出てきました。当時は,敦賀第一機関区と福知山機関区のC58が,客車を引いていたと記憶しております。写真は,敦賀湾あるいは小浜湾を背景に走行する客車列車を主に撮影しております。当時は,茅葺き屋根の民家も当たり前にありました。現在では,かっての撮影地点も大きく変わっていることと思いますが,カッシーの小浜線踏破を機会に,いにしえの想い出がよみがえってきました。参考までに,当時の写真を添付しておきます。

※若狭高浜〜三松(小島を背景に写真をとりました)

※小浜湾を走るSL機関車

※菜の花と加斗駅、青葉山を背景とするSL機関車

カッシーの健脚には,いつもながら感動を受けております。

2021年5月31日

植松良治

舞鶴線・小浜線の旅!!その5(観光・まとめ)

投稿日:2021年06月07日

2021年5月31日(月)快晴、舞鶴線・小浜線鉄道つたい歩きの4日の旅を終え、本日は神奈川県に帰宅する最終日となった。

※敦賀駅から”しらさぎ6号”で米原駅へ

※米原駅で新幹線、祝杯をあげる

その前に時間を有効活用するため、1時間半〜2時間位観光に当てられるよう今回の旅行プランを立てた。当初の予定は、気比神宮のみを想定していたが、児童の交通安全に尽力をつくされている方と話す機会を得て、急遽敦賀港と敦賀赤レンガ倉庫の観光に挑戦する。

荷物をホテルに預かってもらい、次の段取りで観光に臨む。

ホテル発(7:30)→ 気比神宮(7:49) → 敦賀鉄道資料館前(8:14)→ 敦賀赤レンガ倉庫(8:28) → ホテル(9:15) → 敦賀駅(9:21)

※気比神社

※敦賀港

※赤レンガ倉庫

※急行わかさ

観光後、しらさぎ6号(敦賀発11時10分)とひかり648号(米原発11時57分)を乗り継いで自宅へ。本日は新幹線の中で熟睡したため、富士山の姿を撮ることができず誠に残念。

天や神のご加護を得て恵まれ天候の下歩くことができた。また、地元の人の応援を頂き、舞鶴線と小浜線の全駅舎立ち寄りに成功することができた。更に、沿線の風光明媚な風景の堪能の他、三方湖への立ち寄りや敦賀市の観光もできた。感謝・感激・感動・達成感で一杯の5日間となった。加えて、次のような旅記録も達成できた。鉄道つたい歩きの旅は実に爽快で楽しい。次の旅が楽しみである。

小浜線の粟野駅で1万2千キロを達成したこと

②日本海側の鉄道路線が新発田~新潟〜長岡〜柏崎〜直江津〜糸魚川〜富山~金沢~福井〜敦賀〜小浜〜東舞鶴〜綾部〜福知山〜和田山と繋がったこと(鉄道営業キロ618.1㎞)

※日本海側沿線(青森〜幡生)1,604.4㎞のうち、上記の鉄道路線に加え、東能代〜秋田(56.7㎞)、秋田〜あつみ温泉(161.9㎞)、城崎温泉〜香住(22.0㎞)、鳥取〜出雲市(154.3㎞)は既に踏破済のため、都合1,013㎞となる。すなわち、日本海側沿線の63.1%踏破したことになる。

※敦賀港開港100周年記念碑、敦賀鉄道資料館、赤レンガ倉庫

※赤レンガ倉庫バス停、気比神宮

舞鶴線・小浜線の旅!!その4(三方〜敦賀)後編

投稿日:2021年06月05日

※東美浜駅から粟野駅までの路線図

④東美浜駅から粟野駅までの道筋が、私にとっては一番難しかった。大きな理由は誤った道筋を進んだからだ。13時49分、第2大田踏切を横切り鉄道の左側に出る。14時7分、福井69㎞、敦賀9㎞と記した道路標識前を通過。その先に全長460mの佐田トンネルがあった。本来ならばこのトンネルを出た先で国道を下りて、鉄道に沿って歩くべきところ、誤って福井68㎞、敦賀8㎞と道路標識先の旗護トンネル(1832m)を14時25分から14時51分にかけ通過し、国道27号線から下りる。それ故、鉄道と大きく乖離することとなった。このトンネルを出ると敦賀市となる。

※佐田トンネル、遠くに旗護トンネル(手前に見える道路を下るべきだった

※旗護トンネル、敦賀市金山へ。金山橋

※粟野駅への路、敦賀医療センター

鉄道が全く見えず。2㎞も行き過ぎると、風景は全く異なり、現在地が確認できないノーコンの状態となる。スマホによるナビは上手く作動しない。誰かに聞こうとするが通行人の姿は全く見えず。やむを得ず、これまでの第六感を頼りに軌道修正する。旗護トンネルを出てから数十分経過後、金山地区辺りで地元の人と対面する機会が多くなる。15時19分金山橋を渡る。適宜聞きながら、粟野駅を目指す。しかし、歩いても歩いても線路が見えてこない。やっと15時46分粟野駅に到着する。東美浜駅から粟野駅までの営業キロ5㎞に2時間要する。しかし、”道に迷う”というウォーキングの醍醐味を堪能する2時間であった。同時に1万2千キロの仕上げの難しさを感じる2時間であった。

※粟野駅(1万2千キロ達成駅

⑤粟野駅から西敦賀駅の道筋も当初は難しいと察知していたが、ふるさと夢街道を通ることにより解消できた。この夢街道を経由しないで、西敦賀駅を目指す方法もあるが、安全面を重視しすることとした。ふるさと夢街道には散歩の人、ウォーキングの人の姿があった。適宜地元の人にお伺いしながら進む。16時37分、97歩ある黒河川(黒河橋:くろこばし)を渡る。その先でふるさと夢街道から路地の道筋に方向転換する。道なりに歩き、急な坂を上った先に西敦賀駅(16時58分)があった。営業キロ5.4㎞に1時間12分要する。駅舎に面して竹藪があった。

※ふるさと夢街道、黒河橋

※西敦賀駅

⑥敦賀駅の道筋は国道27号線(17時6分)に戻り歩く。17時10分、右手に敦賀工業高校があった。17時14分、万歩計で76歩ある笙の川(しょうのがわ:びう新橋)を渡る。17時46分、万歩計で114歩ある橋を渡る。暫く歩くと、東横インが見えてくる。17時55分、敦賀念法寺を経由し、敦賀駅には18時到着。

※敦賀工業高校、敦賀駅への路、敦賀念法寺

※敦賀駅

⑦東横インに戻り、汗を流した後、ホテル界隈にある地魚料理”まるさん屋”に立ち寄り、小浜線踏破1万2千キロ達成の祝杯をあげる。この店で千葉県在住の三好政美さん(車による旅人)と言う方と知り合い色々世間話をさせて頂く。あっという間に楽しい2時間位が過ぎ去る。久し振りに酩酊した気分となった。色な人に出会う。旅はいいものである。

※まるさん屋で1万2千キロ達成の祝杯

舞鶴線・小浜線の旅!!その4(三方〜敦賀)前編

投稿日:2021年06月04日

2021年5月30日(日)快晴、今回の旅の仕上げは、小浜線の三方駅から敦賀駅までの営業キロ24.7㎞に挑戦する。ホテルで朝食後、敦賀発7時49分の電車で三方駅に向かう。車窓から見る限り、西敦賀、粟野、東美浜と山間を走り、国道27号線とは大きく乖離していた。想定通り、本日のコースが一番難しいと察知。ネットでそれなりに事前勉強したものの、相当てこずることが予想された。特に、美浜から東美浜への道筋と東美浜から粟野までの道筋は、相当難しいと察知。粟野駅で1万2千キロに到達するのだが、仕上げの難しさを肌身で感じた。しかし、リュックは背負っていないし、電車での移動はなかったので、心身ともにリラックス気分で臨むことができた。

※敦賀駅

本日の各駅舎到達時刻は次の通り。

三方(8:29)〜気山(10:05) 〜美浜(11;22)〜東美浜(13:45)〜粟野(15:46)〜西敦賀(16:58)〜敦賀(18:00)

①三方駅に到着するや否や、駅係員にお伺いし、三方五湖の一つである三方湖の行き方を教えて頂く。近くに見える山の裾野にあり、所要時間は20分位とのことであった。駅案内地図によると三方五湖とは、三方湖、水月湖(五湖の中で最大)、菅湖、日向湖、久々子湖とあった。本日は、三方湖に立ち寄ってから気山駅を目指すこととした。三方湖には8時57分到着。10分位立ち止り、湖を鑑賞する。湖面で何やら作業をしている人の姿があった。9時12分、幹線道路に戻る。9時20分、観音川を渡る。10時1分、上野踏切を横切り右側となり、鉄道に沿って歩いた先に気山駅(10時5分)があった。

※三方駅、三方五湖

※三方湖

※気山駅への路

※気山駅

②国道27号線に出る。10時20分、若狭町から美浜町になるのを見てから、再度路地に沿った一般道を歩く。10時55分、五湖の駅に立ち寄り、福井の地酒”早瀬浦”を購入。ここからも美浜駅は遠く感じた。やっと11時22分美浜駅に到着。美浜駅のホームの向こうには微かに海が見えた。構内には観光センターがあった。それ故、構内には色んなポスターが掲示されていた。

※五湖の駅、美浜駅

➂11時38分、敦賀まで15.5㎞地点を通過。その先に関西電力原子力事業本部があった。高浜、大飯、美浜原子力発電所の環境放射線モニタリングの掲示板があった。11時53分、河原市交差点を過ぎた先で国道27号線の新・旧が登場し右往左往する。迷った結果、少し遠回りとなる旧国道を選択する。新国道は高速に繋がり、歩行者の禁止の恐れをあると考えたからだ。

※関西電力前、新国道と旧国道の分岐点

12時19分、佐柿口バス停があった。12時24分、全長258mある椿トンネル前に到達。12時53分、坂尻交差点を通過。美しい海岸線(坂尻海水浴場)が左手にあった。多少不安もあったので、墓参りに訪れた人に、東美浜駅への道筋をお伺いする。「遠くに見える道筋に沿って歩いた先に東美浜駅があります。昔は27号線でした。」とお伺いし安堵する。

※佐柿口バス停、椿トンネル、坂尻交差点

※美浜の海岸線、海の駅”若狭美浜”

12時45分、運よく海の駅若狭美浜があり、千鳥苑に立ち寄りえび蕎麦を頂く。15分位休息後、東美浜駅向かって進む。先程教えて頂いた道筋を進む。坂道を淡々と上る。13時27分、東美浜駅への標識がありホットする。しかし、ここからが意外に遠かった、13時32分、右手の方向に電車の音を聞いて安堵する。民家が見えてくる。13時36分、JR線路を確認する。13時40分、第3大田踏切を横切り、鉄道の右側を歩いた先に東美浜駅(13時45分)があった。後編に続く!!

※東美浜駅への路

※美浜駅、敦賀行きの電車がやって来る

1 / 3123

最近の記事

アーカイブ