2024年4月の記事一覧

ライオン会開催!!楽しいひと時でした

投稿日:2024年04月20日

2024年4月20日(土)、12時より、土風炉銀座コリドー街店で総勢14名の参加を得て盛大にライオン会(高松一高44年卒同期会)開催。前回は昨年の12月1日(金)にあったが、生憎先客があり、参加できず。今日はそのリベンジもあり、万難を排して参加させて頂いた。遠い昔話や近況報告などで楽しいひと時があっという間に過ぎ去る。反時計回りに、各自3分位目途に近況報告がある。私は、鉄道つたい歩きの実績などを軸にしゃべらせて頂く。

二次会は新橋ライオンで締める。渡邊さんを始めとする皆様に、この場をお借りし熱く厚く御礼申し上げます。次回のライオン会が楽しみである。

22作目著書登場(長崎本線・唐津線)!!こだわり鉄道つたい歩きPDF読本で

投稿日:2024年04月14日

2021年2月19日(金)~2月28’(日)にかけて鉄道つたい歩きした長崎本線(鳥栖~長崎:営業キロ148.8km)と唐津線(久保田~西唐津:営業キロ42.5㎞)が、”こだわり鉄道つたい歩き”PDF読本の形態で編集できましたので、読者の皆様に早速ご紹介させて頂きます。今回もスピード、コスト、身軽さなどを武器とするネットによる発信方法です。

本PDF読本は新たに策定したものではなく、これまでのカッシー館ブログまたは小さな挑戦日記を編集して作成したものです。このシリーズ、稚内~鹿児島の日本縦断の旅が2024年3月9日(土)納本作業完了(書籍形態を含め5巻構成)を機に、3月31日(日)から”日本横断歩き鉄の旅”に着手しました。今回は奥羽本線、羽越本線、元信越本線、元北陸本線、山陰本線前編、山陰本線後編、日豊本線に引き続き8弾目となります。

本作品も22作目として近々国立国会図書館に納本したいと考えています。

 

次をクリックすると長崎本線(鳥栖~長崎)などの”こだわり鉄道つたい歩き”の旅を閲覧することができます。

第1章 長崎本線その1 (1頁~13頁)

第1章 長崎本線その2 (14頁~27頁)

第1章 長崎本線その3 (28頁~44頁)

第1章 長崎本線その4 (45頁~58頁)

第2章 唐津線   (59頁~80頁)

 

21作目著書登場(日豊本線)!!こだわり鉄道つたい歩きPDF読本で

投稿日:2024年04月12日

2024年4月12日(金)、2020年2月~2022年3月にかけて鉄道つたい歩きした日豊本線(小倉~鹿児島:営業キロ462.6km)と宮崎空港線(宮崎空港~南宮崎:営業キロ3.4㎞)が、”こだわり鉄道つたい歩き”PDF読本の形態で編集できましたので、読者の皆様に早速ご紹介させて頂きます。今回もスピード、コスト、身軽さなどを武器とするネットによる発信方法です。なお、田吉~南宮崎の日南線の区間は、宮崎空港線に含めて表示しています。

本PDF読本は新たに策定したものではなく、これまでのカッシー館ブログまたは小さな挑戦日記を編集して作成したものです。このシリーズ、稚内~鹿児島の日本縦断の旅が2024年3月9日(土)納本作業完了(書籍形態を含め5巻構成)を機に、3月31日(日)から”日本横断歩き鉄の旅”に着手しました。今回は奥羽本線、羽越本線、元信越本線、元北陸本線、山陰本線前編、山陰本線後編に引き続き7弾目となります。これまでの公開した本線(含む書籍2冊)を組み合わせることにより、本州に加え、九州の一筆書きも完成します。

本作品も21作目として近々国立国会図書館に納本したいと考えています。

 

次をクリックすると日豊本線(小倉~鹿児島)などの”こだわり鉄道つたい歩き”の旅を閲覧することができます。

第1章 日豊本線(小倉~大分)その1   (1頁~20頁)

第1章 日豊本線(小倉~大分) その2  (21頁~40頁)

第1章 日豊本線(小倉~大分) その3  (41頁~73頁)

第1章 日豊本線(小倉~大分) その4  (74頁~103頁)

第2章 日豊本線(大分~南宮崎)その1   (104頁~127頁)

第2章 日豊本線(大分~南宮崎)その2  (128頁~146頁)

第2章 日豊本線(大分~南宮崎)その3  (147頁~168頁)

第3章 日豊本線(南宮崎~鹿児島)その1(169頁~182頁)

第3章 日豊本線(南宮崎~鹿児島)その2  (183頁~201頁)

第3章 日豊本線(南宮崎~鹿児島)その3     (202頁~232頁)

第3章 日豊本線(南宮崎~鹿児島)その4 (233頁~249頁)

国立国会図書館20冊目納本!!沢山の方から心温まるメッセージ受信

投稿日:2024年04月11日

2024年4月11日(木)、昨日、国立国会図書館に著書20冊や勝原勉文庫は拡充の旨の情報をSMSやSNSで発信したところ、沢山の方から心温まるメッセージを恵送頂きました。感動と感謝の気持ちで一杯になりました。その一部を抜粋しご紹介します。

(^^♪・・・・(^^♪・・・・・

〇おめでとうございます。桜はいつ見てもウキウキですね。次の旅は何処ですか、小生は鎌倉街道を計画中です。

樫原勉文庫、素晴らしいネーミング、どんどん増えて楽しさわくわく倍増ですね。読んで旅行記分を満喫してますよ。これからも頑張って増やしてくださいね。

〇素晴らしいですね!

〇国立国会図書館に著書が20冊あるとは、すごい事ですね。

〇貴兄のご活躍には、本当に敬服しています!小子には、到底ついて行けません!益々のご活躍を祈念しています!

〇ますます情実します。

〇ご活躍ですね~引き続きよろしくお願い申し上げます。

〇素晴らしいでさす!

〇桜どうですか。広島も咲いています。お体には。気をつけてください。、また、お会いしましょう。

〇はいはい!ず~っと眺めておりました。圧巻ですね。一昨日19℃晴れ、昨日2℃みぞれ混じりの小雨、今日10℃晴れ!上下の激しい天候ですが、山奥のポツンと・・・も遂に雪が消えた後には大量の落ち葉(ミズナラ、カラマツ)が積もり、空模様を見ながらこれを集める作業の合間に何度も読み返しています。それにつけても偉業としか言いようがありません。

〇お久しぶりです。頑張ってますね。こちらも桜満開でしたが、雨と、風が、強く吹き、散り始めて、います。でも。だいぶ暖かくなって、来ましたね。

〇凄いですね。20冊ですか!

〇おめでとう。楽しみにしています。

〇桜満開ですね。安兵衛(新潟)懐かしい、結構前ですね。

〇おめでとうございます。

〇ぱああああ!おめでとう!

〇桜咲きましたね。おめでとう。今夜は由布院経由の大分泊まり。青空に聳える由布岳を仰ぎ大分県立美術館、煉瓦造りの建物をたずね夕食はキトキトの大分の採れたてネタのお寿司をいただきました。女子旅楽しんでいますよ。明日は博多で遊んで帰宅します!新緑の季節は気分が最高ですねー♬

〇凄いです。家の近くの桜も散り始めました。

〇素晴らしい!順調に拡大してますね。

〇頑張ってますね!

〇随意増えましたね。これから先、どこまで増えるのでしょう。楽しみにしています。

〇充実した時間を満喫されてますね!流石ですね!見習わなくては。

〇お疲れ様です。後で拝見します!

〇おめでとうございます。

〇凄い!

〇良かったですね

〇すごいですね。

〇樫原さん、20冊納本お疲れ様でした。先程カッシー館拝見しましたが、最近上野の桜を見に行かれたんですね。昨日の雨で少し散りつつあるのでいい時に見に行かれて良かったですね。

〇ご活躍のようで幸いです。凄いですね。そんなに文才があるとは思いませんでした。樫原さんの前向きな姿勢に感心します。またお会いしましょう!!

〇おめでとうございます。充実した人生を過ごされていますね!少しは見習いたいものです。

〇感心しております。

〇カッシーさんこんにちは。桜もあちらこちらで満開ですね。今年は開花が遅かったので、まだまだ楽しめそうです。

〇おめでとうございます。

〇カッシー館の樫原勉文庫を拝見しました。膨大な作品を分かりやすく、イラストありでお見事。座布団10枚です。

グ!!

〇素晴らしい。

〇まさに文豪です。国会図書館に増築させなしょう。

〇おめでとうございます。桜も満開。樫原さんも満開ですね。

〇桜の花が満開になりました。カッシー館で上野公園や飯田橋土手の写真拝見致しました。美しい桜とお元気な樫原さん…国立国会図書館への納本も予定通りで晴れ晴れしたお顔、更に申すなら自信に満ちたお顔に見受けられました。ステキです。頑張ってるのいネ。凄いです!

〇ハイ、いつも、同期にこんな人がいるのだという感動あるがとう。樫原勉文庫とは、まさに、驚愕ものです

“樫原勉文庫”拡充中!!”こだわり鉄道つたい歩き”PDF読本新設により

投稿日:2024年04月10日

2023年12月30日(土)、これまでのカッシー館に公開した著書の保存場所をより明確にするため、またより分かりやすく検索できる環境にするために、”樫原勉文庫”を開設しました。お陰様でこの文庫は好評を得ています。この文庫を更に充実するため、開設から約100日を経過し、次の通り拡充しました。なお、”樫原勉文庫”という素晴らしい呼称は、アクチュアリー友人である栗山晃氏からご提示頂いたものです。

 ”こだわり鉄道つたい歩き”PDF読本の新設(国立国会図書館に次の11冊納本) 

2024年4月14日現在の状況

No 沿線名 営業キロ 頁数 公開日 時期 アドレス
第3巻 宗谷本線・函館本線(稚内~函館) 682.5 153 20240213 201406~201606 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=43599 
第4巻 元東北本線(青森~仙台) 387.4 83 20240307 201206~201505 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=44859
第5巻 元鹿児島本線(下関~鹿児島) 399.3 105 20240309 201304~201705 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=44895
第6巻 奥羽本線(青森~福島) 484.5 275 20240331 201910~202306 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=45914
第7巻 羽越本線・白新線(秋田~新津他) 299.0 103 20240403 201706~202106 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=45974
第8巻 元信越本線(高崎~新潟) 331.4 83 20240405 201204~201806 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=46022
第9巻 元北陸本線(米原~直江津) 353.8 129 20240406 200906~202009 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=46042
第10巻 山陰本線前編(京都~鳥取) 230.3 136 20240408 200906~202009 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=46061
第11巻 山陰本線後編(鳥取~幡生他) 445.7 233 20240409 202007~202207 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=46079
第12巻 日豊本線(小倉~鹿児島)他 466.0 249 20240412 202002~202203 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=46180
第13巻 長崎本線(鳥栖~長崎)他 191.3 80 20240414 202102 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=46228

 

※第1巻と第2巻は下記にある書籍

② ”日本横断歩き鉄の旅”PDF読本(53編構成から54編構成に)

第64編(日南線・指宿枕崎線)PDF読本追加

第64編 日南・指宿枕崎線 20240302 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=44811

 

########<2023年12月30日現在の樫原勉文庫>###############

私の著書は、2023年12月30日(土)現在、既にご案内した通り、国立国会図書館に納本した著書が11作(うち書籍4作、PDF読本7作)です。その他、国立国会図書館未納本の”日本横断歩き鉄の旅”PDF読本第49編~第53編に加え、アマゾンキンドルストア電子書籍(近鉄京都線の旅:300円)があります。このうち、本ブログから日本縦断の旅(第1編~第6編)と日本横断歩き鉄の旅(第1編~第53編)ついては、閲覧頂けます。

只今現在、カッシー館ブログ数は1,574作あります。2012年9月以降の歩き鉄旅に関しては、ブログを通じて、立ち寄り駅舎を軸とする風景以外に、旅行プラン、歩き鉄旅で苦労した点、色な人との出会い、観光なども閲覧することができます。

1.日本縦断の旅

http://www.kassy-kan.net/blog/?p=15936

<日本縦断の旅の感動を受けて>

本PDFは日本縦断の旅(2017年5月7日(日))を達成した際の感動を立命館数物メールマガジンや日本年金数理人会メールマガジンに投稿した原稿です。

鉄道つたい歩き(年金数理人)

 

<宗谷本線のフォロー>

下記PDF読本綴りは、2022年12月~2023年5月にかけて、立命館数物メールマガジンに投稿した原稿です。すなわち、2015年6月20日(土)~6月28日(日)までの8泊9日の宗谷本線(和寒~稚内:営業キロ223.1㎞)を”こだわり鉄道つたい歩き”旅した際の記録(小さな挑戦)から編集したものです。樫原勉文庫にあるPDF読本を閲覧する際、モデル例でご参考になると考え公開させて頂きました。

宗谷本線202212

宗谷本線202301 (1日目、2日目)

宗谷本線202302 (3日目、4日目)

宗谷本線202303 (5日目、6日目)

宗谷本線202304 (7日目、8日目)

宗谷本線202305 (9日目)

2.日本横断歩き鉄の旅

〇第1巻(第1編~第8編)

http://www.kassy-kan.net/blog/?p=17958

〇第2巻(第9編~第16編)

http://www.kassy-kan.net/blog/?p=22144

〇第3巻(第17編~第24編)

http://www.kassy-kan.net/blog/?p=25838

〇第4巻(第25編~第32編)

http://www.kassy-kan.net/blog/?p=42846

〇第5巻(第33編~第40編)

http://www.kassy-kan.net/blog/?p=36293

〇第6巻(第41編~第48編)

http://www.kassy-kan.net/blog/?p=36324

〇国立国会図書館未納本(第49編~第53編)

3.AIによる”歩き鉄旅”の解説

AIによる解説(20231225) まとめ

2024年1月21日(日)、ウォーキング開始から樫原勉文庫開設までのサラリーマン人生を遊学働の視点から整理整頓しました。なお、20年間の振り返りは、2020年5月4日のブログで公開済みです。

カッシーの23年間余の歩み

 

4.樫原勉文庫一覧表

〇書籍4作(在庫切れのため国立国会図書館でしか閲覧できません)

〇電子書籍

〇PDF読本(59編で構成)

下記の”樫原勉文庫PDF一覧表”(アイウエオ順に並べ変え)をご利用により、お調べしたい鉄道沿線が容易に検索できるようにしました。また、歩いた沿線を具体的に明示するにことにより、樫原勉文庫の内容をより分かり易くしました。更に一覧表には各沿線の営業キロも挿入しました。

樫原勉文庫検索   (2024年1月13日新設!!)

タイトル 投稿日 カッシー館アドレス 摘要
日本縦断の旅 稚内~鹿児島(6編構成) 20200902 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=15936 国立国会図書館に納本(5作目)
日本横断歩き鉄の旅 第1巻 第1編 中央本線 20200928 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=16562  国立国会図書に納本(6作目)
第2編 篠ノ井線・大糸線 20201017 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=17035
第3編 関西本線 20201201 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=17651 
第4編 草津線・奈良線・大阪環状線 20201113 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=17277
第5編 紀勢本線・阪和線 20201205 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=17714
第6編 元信越本線 20201230 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=17834
第7編 元北陸本線 20210104 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=17895
第8編 予讃線・宇野線・本四備讃線 20210110 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=17943
 (中央・関西本線他)納本 20210111 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=17958
第2巻 第9編 常磐線 20210121 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=18056 国立国会図書館(7作目)
第10編 水郡線・烏山線・日光線 20210201 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=18082
第11編 高崎線・上越線・吾妻線 20210207 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=18119
第12編 長崎本線・唐津線 20210312 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=18943 第12編で全国鉄道つたい歩き結実
第13編 羽越本線・白新線 20210717 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=21295
第14編 土讃線・赤穂線 20210823 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=22123
第15編 湖西線・参宮線・武豊線・御殿場線 20210215 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=18142
第16編 第三セクター鉄道 20210505 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=19565
(羽越・長崎本線他)納本 20210823 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=22144
第3巻 第17編 総武本線・横須賀線 20210727 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=21530 国立国会図書館(8作目)
第18編  内房線・外房線・久留里線 20210801 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=21574
第19編 成田線・鹿島線・東金線 20210614 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=20257
第20編 水戸線・両毛線 20210721 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=21367
第21編 南武線・横浜線・相模線他 20211225 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=25273
第22編 武蔵野線・京葉線 20211108 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=24093
第23編 八高線・川越線・埼京線他 20220127 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=25820
第24編 身延線・小海線 20211022
http://www.kassy-kan.net/blog/?p=23732
(総武本線・内房線他)納本 20220127 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=25838
第4巻 第25編 山陰本線前編 20211207 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=24915 国立国会図書館(9作目)
第26編 山陰本線後編 20220814 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=31073
第27編 福知山線・舞鶴線・小浜線 20211202
http://www.kassy-kan.net/blog/?p=24806
第28編 日豊本線・宮崎空港線 20220328
http://www.kassy-kan.net/blog/?p=27658
第29編 奥羽本線 20230628
http://www.kassy-kan.net/blog/?p=38987
第30編 磐越西線・磐越東線 20230811 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=40188
第31編 上越線後編・飯山線 20231001
http://www.kassy-kan.net/blog/?p=41633
第32編 高徳線・牟岐線・徳島線・鳴門線 20231206 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=42786
(山陰・日豊本線他)納本 20231206
http://www.kassy-kan.net/blog/?p=42846
第5巻 第33編 予土線・中村線・宿毛線 20230305 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=36151 国立国会図書館(10作目)
第34編 山手線・中央線他 20220124 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=25793
第35編 ゆりかもめ・東京モノレール他 20220108 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=25418
第36編 秩父鉄道・上毛電鉄・上信電鉄 20211212
http://www.kassy-kan.net/blog/?p=24978
第37編 富士急行・関東鉄道他 20220118 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=25602
第38編 伊東線・伊豆急行他 20220111 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=25539
第39編 南海高野線・近鉄線 20211230
http://www.kassy-kan.net/blog/?p=25360
第40編 琴電・嵐電・叡電・江ノ電他 20221022 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=32346
(首都圏JR・地方私鉄)納本 20230310 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=36293
第6巻 第41編 東武鉄道 20221212 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=33583 国立国会図書館(11作目)
第42編 西武鉄道 20221230 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=34005
第43編 京王電鉄 20230110 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=34454
第44編 小田急電鉄 20220527 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=28450
第45編 東急電鉄 20220720 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=30134
第46編 京浜急行電鉄 20220211
http://www.kassy-kan.net/blog/?p=25949
第47編 京成電鉄・新京成電鉄・北総鉄道 20230418 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=37435
第48編 相模鉄道・東葉高速・都電荒川線 20230310 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=36280
(首都圏私鉄)納本 20230310 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=36324
 第7巻以降 第49編 湘南モノレール・横浜地下鉄他 20230115
http://www.kassy-kan.net/blog/?p=34539
第50 編 多摩都市モノレール・千葉都市モノレール他 20230406
http://www.kassy-kan.net/blog/?p=37120
第51 編 都営地下鉄 20230505 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=38038
第52編 銀座線・丸ノ内線・日比谷線・東西線 20230430 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=37694
第53 編 千代田線・半蔵門線・有楽町線他 20230418 http://www.kassy-kan.net/blog/?p=37435

 

今年もカッシー館へご来館頂き誠に有難うございました。引き続き来年も宜しくお願い申し上げます。

2023年12月30日(土)

カッシー館長 樫原 勉

 

1 / 3123

最近の記事

アーカイブ