関西本線・奈良線の旅!!その2(伊賀上野〜木津)前編

投稿日:2020年03月27日

2020年3月22日(日)、旅の2日目は、今回最も長い営業キロ区間の伊賀上野から木津までの32.4㎞に挑戦する。本日は、先日のプログでご紹介した通り、大学時代の友人の宮下隆夫氏と18時奈良東横インで待ち合わせのため、時間との戦いとなった。このように歩きを通じて、友人と旧交を温めた思い出は、東海道本線の三宮駅・名古屋駅・浜松駅、青い森鉄道の青森駅・八戸駅、宗谷本線の稚内駅、函館本線の札幌駅、鹿児島本線の久留米駅、そして先月の日豊本線の宮崎駅だ。3時過ぎに目が覚め、本日の道筋をスマホで勉強し、主要な箇所をメモする。できるだけロスタイムを少なくするためである。どの駅舎の立ち寄りも、木津川や山々が前方に立ち塞がり、迂回を余儀なくされる箇所が随所に登場した。それ故、昨日の平坦なコースに比べれば、数倍の難しいコースであった。

※伊賀上野シティホテル内にある伊賀上野城、上野市駅に続く商店街、上野市駅

本日はJR伊賀上野ではなく、伊賀鉄道の上野市駅からのスタートとなった。各駅舎の到着時刻は次の通り。伊賀上野(上野市)(7:00)〜島ヶ原(9:47)〜月ヶ瀬口(10:48)〜大河原(12:11)〜笠置(13:41)〜加茂(14:00)~木津(17:00)

※伊賀鉄道の路線図

※上野市駅

ホテルで朝食を済ませ、7時前に出て、伊賀鉄道の上野市を立ち寄り後、今回のシリーズで最も長い区間となる島ヶ原駅を目指す。近道のコースを選択した関係で、上野市駅から国道163号線(7時36分着)に出るのに苦労する。これから、この国道を軸に歩く。7時47分、万歩計で814歩ある新長田橋(木津川)を渡る。その橋を渡ると、木津川市まで32㎞と記した道路標識があった。上り坂が続く。8時14分、笠地蔵に立ち寄り、本日の安全を祈願する。

※国道163号線に出る、新長田橋、芸術的な縄

※笠地蔵、三軒家交差点、大和街道

8時25分、三軒家交差点に到着するや否や、ここから国道を離れ大和街道を歩いて行く方法と国道163号を極力歩き大和街道を少し引き返す方法があり、どちらにするか迷う。ホテルを出る時は、分かりやすい点から後者にしたいと考えていたが、この交差点でその決断が変更となり、前者で臨むことにする。山道をひたすら進む。8時50分、列車の音を聞き安堵する。

※鯛ヶ峯大橋、さくらの丘、島ヶ原大橋

8時56分、誤って263歩ある鯛ヶ峯大橋(木津川)を渡る。島ヶ原さくらの丘やキャンプ場があったが、ナビは近くに駅舎があることを示すが駅舎らしい場所見当たらず。キャンプ場まで足を伸ばし、「島ヶ原駅への路」を尋ねるが正解は得られず。それで、キャンプ場での提言を受け、他の人を探すが、人影はなく意気消沈の心境となった。それで、打開策を見出すため、さくらの丘公園まで出向くことにする。運よくの掃除をされている職員さんが居られお伺いし、自分が誤った路筋にいることが判明する。正しくは、鯛ヶ峯大橋を渡らず、20分位歩いた先の島ヶ原大橋(140歩)を渡った先に島ヶ原駅(駅員在住)があった。30分位ロスタイムが生じる。

※島ヶ原駅

9時53分、奈良31㎞、木津川25㎞、笠置13㎞と記した道路標識前を通過。10時34分、三重県伊賀市から京都府南山城村となる。合併・合併が続く中、この村の生命力の強さを感じた。ここから少し行った先に、道路から30m位丘の上にある月ケ瀬口駅を偶然見つける。この駅に行く方法で右往左往する。正解は道路下を潜り、鉄道に沿った路筋を歩く方法であったが、民家がある方法を選んだ関係で路地から路地を経由し、やっと10時48分、月ヶ瀬口駅に到着。駅舎前で、ラッキーにも私と同じ年恰好の女性の方と出会い立ち話をする機会を得る。

※京都府南山城村村へ、月ヶ瀬口ヶ駅

※月ヶ瀬口ヶ駅

再度、今山交差点を経由し、国道163号に戻る。11時43分、府道82号線を歩くことによりJR線下を潜る。11時47分、木津川市21㎞、笠置7㎞と記した道路標識前を通過。12時のサイレンを南山城村役場前で聞く。そして、木津川の河原が駅前に広がる大河原駅には12時11分到着。丁度、加茂方面の電車が到着する時間帯であった。後編に続く。

※府道82号線(疑心暗鬼でこの路に舵をきる)、木津川市21㎞・笠置7㎞

※大河原駅

※府道82号線(南山城村北大河原)

関西本線・奈良線の旅!!その1(柘植~伊賀上野)

投稿日:2020年03月26日

※米原駅、草津駅

2020年3月21日(土)から始まった初日は、関西本線の柘植から伊賀上野までの営業キロ14.9㎞に挑戦する。実際には、本日宿泊するホテルが伊賀鉄道沿線にある上野市駅(忍者駅)まで歩きで移動した関係で、その営業キロ3.9㎞が加算され18.8㎞となった。

※草津駅(JR西日本とJR東海を区分して表示)

各駅の立ち寄り時刻は次の通り。柘植(11:40)~新堂(13:25)~佐那具(14:56 )~伊賀上野(16:05)

JR線の伊賀上野駅の駅員さんに聞いたところ、伊賀鉄道(単線)はかつては近鉄の路線とのであった。それが、JRの第三セクターのような独立した会社(近鉄グループの傘下)として新たに誕生したとのことであった。因みにこの路線は、関西本線(亀山~加茂)の非電化と異なり、全線が電化されており、伊賀上野駅から近鉄大阪線の伊賀神戸(かんべ)までの営業キロ16.6㎞の区間を走る鉄道である。ターミナルの中心は伊賀市繁華街の上野市駅。

※貴生川駅、JR西日本車両(この車両で草津から貴生川まで移動)、近江鉄道の車両

本日はダイヤの読み間違いで米原から草津までの移動の際、9時のダイヤがあると思ったら、土日祝日は運休とのことで、草津駅で1時間ロスタイムが生じる。この待ち時間を活用し、少し早いが駅構内の蕎麦屋でランチタイムとする。それでも待ち時間が潰せず、10時57分発の柘植行きには乗らず、10時25分発の貴生川泊まりで行き、そこで30分位待ち合わせ、柘植駅には11時40分到着。草津線は2017年10月に踏破済なので車窓から見る風景は懐かしい限りであった。残念ながら2年半の月日が経っているので、駅舎名は忘れかけつつあった。

※貴生川駅、柘植駅

柘植駅には、2年半前の草津線踏破と本年1月25日(土)亀山から踏破の際立ち寄ったので、3度目の対面。主要駅にも関わらず、駅前には1軒食事処があるのみで寂しい寂しい風景であった。しかも、2年半前は駅員はいたが、1月と今回は駅員の姿は見受けられなかった。しかし、この駅は本年2月で130周年を迎えた三重県でも最も早い由緒ある駅舎とのこと。11時40分、柘植駅には3台の車両の勢揃いとなった。すなわち、ひとつはJR西日本の所属の電化車両(草津行)、そして二つ目・三つ目はJR東海所属の非電化車両(亀山行)と非電化車両(加茂行)である。

※草津駅構内の立ち食い蕎麦屋、柘植駅の亀山行と加茂行、柘植駅

柘植駅から1㎞位歩いた先は、草津線踏破の際通った道筋を歩く。その途中直進すべきか左折すべきか右往左往する場面があるが直進を選択する。結果的には大成功。当初は柘植駅から伊賀上野駅まで山間が登場するかと思ったら、想定外で鉄道に沿ってほぼ平坦な道筋が続き歩きやすかった。特に新堂駅(無人駅)は国道25号沿にあり容易に踏破できた。

※草津線踏破の際通過した橋、国道25号線に出る(上野方面表示)

※新堂駅

※前置踏切(加茂行の車両、13時55分)、佐那具駅

※佐那具駅舎内、ダイヤ、伊賀上野駅への路

14時22分、万歩計で59歩ある柘植川(円徳院橋)を渡る。14時51分、141歩ある新橋を渡った先に佐那具駅がった。この駅舎には駅員がいた。念のため、伊賀上野駅の道筋をお伺いする。「外山踏切(とやま)を横切り、鉄道沿って歩いて下さい」と。15時20分、田圃の岸にタンポポとレンゲを見つけ、幼少時代を思い出す。15時25分、波多岐神社前を通過。この神社に本日の安全を祈願する。15時57分。丸柱踏切を横切り、商店街を直進した先に伊賀上野駅があった。駅前には芭蕉の故郷の看板があり。

※伊賀上野駅、芭蕉の俳句(月宿塚)

※伊賀上野は芭蕉のふるさと、伊賀上野橋(服部川)

ここから国道422号線に歩き、本日宿泊する伊賀上野シティホテルを目指す。途中、287歩ある服部川(伊賀上野橋)を渡り、遠くに見える伊賀上野城を見ながら進む。時間的にも多少余裕があったので、遠くから見えた伊賀上野城に立ち寄る。ホテルには17時53分到着。

※伊賀上野橋の欄干(伊賀忍者)、伊賀上野城

※伊賀上野城

※西大手駅、上野市駅(芭蕉翁)

本日は残念ながら、桜鑑賞はできず。また、事あるごとにマスク購入のためコンビニに立ち寄るが、売り切れまた売り切れのオンパレードであった。ホテル内にある”みやび”で祝杯を上げ、一日目は閉幕となる。続く・・・。

※すき焼き定食で祝杯!!

関西本線・奈良線の旅!!プランとは

投稿日:2020年03月25日

関西本線・奈良線の旅(営業キロ88.7km)

 

○3月21日(土) 快晴

ひかり631号 新横浜6:45 → 米原8:48

米原9:19 → 草津9:51

草津10:57 → 柘植11:40

柘植~新堂〜伊那具〜伊賀上野 (営業キロ14.6㎞)

伊賀上野シティホテル 0595-22-0101

 

○3月22日(日)晴れ

伊賀上野〜島ヶ原〜月ヶ瀬口〜大河原〜笠置〜加茂~木津(32.4㎞)

木津 17:12 → 奈良 17:19

東横イン近鉄奈良駅前 0742-85-1045

 

○3月23日(月)晴れ

奈良〜平城山〜木津~上狛〜棚倉〜玉水〜山城多賀〜山城青谷〜長池〜城陽~

新田~JR小倉~宇治(26.8㎞)

宇治第一ホテル 0774-20-3333

 

○3月24日(火)晴れ

平等院鳳凰堂散策

宇治〜黄檗(おうばく)~木幡〜六地蔵〜桃山~JR藤森〜

稲荷〜東福寺〜京都(14.9㎞)

ひかり514号 京都 16:08 → 新横浜 18:24

 

今回の旅!!沢山の方から心温まるメッセージ

投稿日:2020年03月25日

2020年3月21日(土)から始まった関西本線・奈良線の鉄道つたい歩きの旅、往復の新幹線でSNSやSMSを適宜友人に発信したところ、今回の旅も沢山の方からタイムリーに次のような心温まるメッセージがあり、感動・感謝で一杯となった。その一部(往路分)をご紹介します。

○あらまあ!コロナウイルには気を付け、お天気良さそうですね!楽しいで歩いて下さい!

○伊賀忍者と言えば上野ですから、駅名を忍にしてしまったんでしょうね!

※伊賀鉄道(近鉄から分離) 上野市駅

○こんにちは、コロナに負けずに頑張っていますね。柘植と言えば、加太越えが終って、当時の機関士が、ほっと一息ついたところでね!峠の途中にある、中在家信号場も今は使われていなく、単なる閉塞区間の境目だけの施設になっており、ダイヤがここまで間引かれ、寂しい限りです。春の訪れで、歩くと暑いかもわかりませんが、身体に気をつけて頑張ってください。

○関西地方も新型コロナウイルスの拡散に悩まされているようですが、ウイルスを蹴散らしてグイグイ歩行してください。祈完歩!!

○コロナに気を付けて楽しんでください。プロ野球観戦は不透明ですね。

○おはようございます!私にとっても懐かしいエリアです。頑張ってください♫

○元気ですね!頑張ってください!

○青春してますね。肺炎騒ぎで暗い世の中に目標に向けて歩き続ける樫さん!用心のため人ゴミの中のマスク、お忘れなく。象さんのマスクの紐の長さかな・・です。足軽く/万朶の桜/古都の旅 旅のプログ、写真・・・楽しみです。

○国道165号、笠置から木津は道狭く、大型車も多いので要注意です。宿は決まっているのですか。

※笠置町から和束町へ、湾漂山トンネル

○コロナウイル感染にくれぐれも気を付けて下さいね/桜も綺麗ででしょう/行ってらしゃい

※平等院鳳凰堂の桜(七分咲き位?)

○樫原さんの元気で追い払って下さい。

○お天気が良くて良かった!コロナに負けず。頑張ってください!この間、つたい歩きをしたばかりなのに凄いね!?気を付けて下さい

○おはようございます!気を付けて頑張って下さいね。密室じゃないから大丈夫!

○コロナ、気を付けて元気で頑張って下さい。幸いおさがわせの北海道の中にあっても道南は2/27を最後に新規感染は発生しておらず、ほぼ終息となっておりますが、これから観光シーズンに向けてまだまだ安心は禁物と思っています。良い旅をお祈りしております。

○良いですね!こんなに長いお出かけ我慢はありません。空気の綺麗な郊外なら大丈夫ですね。気を付けて楽しんで下さい!

○おはようございます。関西方面も大分騒がしくなってきていますので、ご注意下さい。当方は様子見としました。

○おはようございます、天気が良ければ楽しいでください。我が方は墓参りです。

○おはようございます。さすがにこの時期人混みを避けて気をつけて行ってらっしゃいませ。

今回も有言実行!!関西本線・奈良線の旅

投稿日:2020年03月25日

2020年3月21日(土)からの3泊4日の日程で行った関西本線・奈良線つたい歩きの旅は、天気にも恵まれ、当初の予定通りのプランが有言実行でき嬉しい限り。予定以外にも、伊賀上野城の散策、伏見稲荷大社・東福寺の参拝、そして急遽連絡を取り合って実現した大学時代の友人との再会は、感動また感動で一杯であった。お蔭様で2000年5月から始めたウォーキングが、約20年間で通算営業キロ1万866km(活動日数535日)となった。コロナウイルが世界を騒がせている中、天や神のご加護に加え、地元の人のお世話ににより、今回の営業キロ88.7㎞を達成でき感無量の思いで一杯となった。

今回の旅で特筆すべき点をひとつあげるとすれば、3月22日(日)、大学時代の友人と18時、奈良東横インでの待ち合わせがあり、時間との戦いで汗を流したことだろうか。笠置から木津まで、山・川が続く環境下で、営業キロ12.7㎞を3時間で踏破することを余儀なくされた。それ故、笠置から加茂までは狭い路を適宜ジョギングをしながら時間短縮を図った。また、加茂から木津までは何とか近道をしょうとするが、山間に入り迷路に入る。しかし、タイムリーに地元の人の応援を受け、迷路から脱却できた他近道での踏破が実現する。

特に、木津駅から2㎞位の地点で先程お世話になった方と再度出会い、親切にも私に呼びかけられ、「途中まで行く用事があります。お乗りください」と。このご厚志により、15分位は時間短縮を図れたのがラッキーであった。かつて、常磐線や東武伊勢崎線で地元の方にお世話になったことを思い出した。旅はメイクドラマの連続!!実に楽しいものだ。続く・・・。

最近の記事

アーカイブ