天浜線踏破!!その1

投稿日:2017年11月09日

※天浜線とは

※JR藤沢駅、天浜線掛川駅

平成29年11月3日(金)からの3連休(2泊3日)を活用し、天竜浜名湖鉄道(元国鉄:掛川~西鹿島~新所原:営業キロ67.7㎞)と飯田線(本長篠~豊川)に挑戦する。豊橋駅にあるホテルをベースにした関係で中日に飯田線を挟む日程で臨む。ジパング倶楽部の活用に加え、費用を極力抑える関係で往路は在来線で、復路は新幹線(浜松~小田原:こだま)を活用しての旅とする。すなわち、往路はJR藤沢駅を5時49分発の電車で乗り継いで、天浜線の掛川そして西鹿島まで向かう。途中懐かしい駅舎が登場する。一例として、日本一ベンチの長い”原谷駅”・・・。

※西鹿島駅、道なき道

※岩水寺駅、宮口駅、フルーツパーク駅への路

3年前に掛川~西鹿島(28.5㎞)は踏破済のため、今回の天浜線の旅は西鹿島から新所原までの39.2kmの区間。当初は西鹿島から24.8km先の都筑辺りを計画していたが、鉄道に沿ってない道なき道が多々登場した関係で大幅な減となる。すなわち、11月3日(金)の行程は、西鹿島~岩水寺~宮口~フルーツパーク~都田~常葉大学前~金指~岡地~気賀(16.3km)。このうち、初山宝林寺界隈にあったと思われる”常葉大学前駅”の立ち寄りに失敗する。その他はお蔭様で迷路また迷路に入りながらも、地元の人の応援やこれまでの17年半の歩きで培った第六感で対処できる。

※フルールパーク駅(駅住人の猫も)、お洒落な都田駅

それにしても西鹿島から岩水寺までの1.8kmの行程は道なき道を歩いたものだ。また、宮口からフルールパークまでの3.9kmの行程は、山間かつ非電化であることもあり、歩いても歩いても線路が見えず疑心暗鬼で必至に歩いた。いつの間にか線路が右手から左手になっているのにはビックリ。目と鼻の先に、目指すフルーツパーク駅があるにも関わらず、誤って1㎞位先のはままつプルーッパークの方向に進もうとしていた。地元の人に助けられホットする。方向音痴の私がここまで”こだわり鉄道つたい歩き”ができたのは地元の人のご支援またご支援があればこそ・・・。日本縦断をはじめとする種々の路線を踏破できた大切な秘策のひとつを思い出す瞬間であった。3つ目は、冒頭でもご紹介した通り、気賀から西気賀までの行程で、日没のため線路の方向を誤ったため再び気賀に戻るという事態となる。気賀関所が登場したのでひょとすると誤った路筋に来たのではと思っていたが。地元の人に助けられて迷路から脱出できる。4年半前の肥薩おれんじ鉄道の日本一長い駅名である”たのうら御立岬公園駅”を思い出した。この時も上浦駅を目指す際、海岸と山間を一周してもとの位置に戻った。今年の新潟駅に向かう際にも。懐かしい限り。

※都田駅のカフェ、天浜線の車両、宝林寺

※金指駅、岡地駅、気賀駅

一方、苦労して踏破したフルーツパークにいた愛嬌ある猫の鳴き声や高校の先輩のご紹介で駅舎に粋なカフェがある都田駅は疲れた体を癒してくれた。気賀駅では再度戻るケースになったが、これは歴史の町”気賀”を天や神からもう少し鑑賞すべきとのお叱りの沙汰であったかも・・。ここでも美空ひばりのに愛燦燦に登場する「人生って不思議なものですね」を強く感じた。

※気賀関所、再度気賀駅、JR新所原駅

気賀駅では運よく1~2分の待ち合わせで新所原行きの列車に乗ることができる。豊橋にある第一ホテルへ。夕食は豊橋駅舎の中にあるそじ坊で祝杯をあげ一日目は閉幕となる。

※第一ホテル

盛大に開催される!!第99回東京香川県人会総会

投稿日:2017年11月07日

平成29年11月6日(月)、東京タワー界隈の東京プリンスホテルで”第99回東京香川県人会総会”が総勢350名余の参加を得て盛大に開催される。総会次第は次の通り。

開催の辞/会長挨拶/議事/来賓挨拶/祝電披露/懇親会

※松平会長を囲んで

今年も松平頼武会長をはじめとする故郷香川の発展への力強いご挨拶は、心に残るものがあった。また、懇親会の中のアトラクションでは、鶴岡雅子さまのピアノ伴奏によるシャンソン歌手の別府葉子さまのメロディー(”バラ色の人生”他5曲)は最高であった。あっという間に楽しいひと時が過ぎ去る。参加してよかった・・・。今年も沢山のお土産を頂く。自宅到着は23時前であった。

※高松一高のメンバーと

歴史の鉄道沿線を歩く!!醍醐味ある旅でした

投稿日:2017年11月05日

※天竜浜名湖鉄道(掛川にて)

平成29年11月3日(金)から5日(日)にかけ、豊橋を軸として、次の路線を歩く。お蔭様で天や神のご加護があり、3日とも小春日和に恵まれ、いいコンディションでウォーキングをすることができた。感謝あるのみ。

※気賀駅

○11月3日(金) 天竜浜名湖鉄道(西鹿島~気賀:営業キロ16.3km)

○11月4日(土) 飯田線(本長篠~豊川:営業キロ23.4km)

○11月5日(金) 天竜浜名湖鉄道(気賀~新所原:営業キロ22.9km)

※長篠城駅

今回の歩きで、特筆すべき点は、3つ。一つは、天竜浜名湖鉄道である掛川~新所原(67.7km)と遠州鉄道である西鹿島~新浜松(17.8km)を所要日数4日間で踏破したこと。二つ目は、偶然にも本年大河ドラマで舞台となった鉄道沿線(気賀、長篠など)を歩いたこと。三つ目は、年間営業キロ500kmを昨年に引き続きクリアしたこと(只今現在514㎞)。首都圏や関東エリアは大半が終わっているため、日本海側や関西圏などに遠征が必要となる。路銀と時間の調達で大変・・・。

※天浜線踏破(新所原駅にて)

しかし、失敗もあった。一つは天浜線の常葉大学前と飯田線の鳥居駅をうっかりして通り過ぎたこと。これまでの傾向では簡単な駅や駅間隔が短いなどで多々発生している・・。今回も同じような事例であった。二つ目は、気賀~西気賀の区間、日没したこともあり鉄道の路線がある左右を誤り、再度気賀に戻ったこと。昨日までは原因が不明であったが、本日の検証でそのミスが明らかになりすっきりする。交差点を右折すべきところを直進したのが大きな原因。

今回の歩きで通算営業キロは9,346km(活動日数465日)で目標の1万キロまで654kmとなる。詳細は順次投稿させて頂きます。

 

 

本日から天浜線等に挑戦!!年間営業キロ目標の500kmなるか

投稿日:2017年11月03日

本日から3日間で、天竜浜名湖鉄道と飯田線のつたい歩きに挑戦したいと考えています。当初は長岡から直江津までの信濃本線を予定していましたが、生憎の雨模様で急遽予定変更。今回の歩きで年間の営業キロ目標の500km(現在452km)が何とかクリアできそうでホットしています。詳細は後日カッシー館に投稿します。ご来館をお願い致します。

昨日、友人に雑誌「旅と鉄道(11月号)」に私の記事が掲載された感動をSMSやEmailで発信したところ、沢山の方から心温まるメッセージを頂き感無量の思いです。一部をご紹介すると下記の通りです。

○本朝SMSでのお知らせで、カッシー館を訪問し、10月31日付ブログを拝見致しました。宝くじに当たったような、そんな感慨を持ちました。おめでとうございます。

○老舗の専門誌に掲載されるとは素晴らしいですね。

○凄い!!早速、本屋で読ませてもらいますね!良かったね=

○旅の出会いはいいですね。天浜線楽しんでください。小生も日本縦断(最南端佐多岬)に向け11月15日出発します。

○それは凄いですね。ホームページに載せました。

○ご活躍お見事です。久しぶりに見たカッシー館の充実振りにもビックリ。

○プロの目に留まり記事に取り上げられるなんて すごいです。樫原さんの喜びが伝わってきました!私も嬉しくなりました♪ 一つ事を続けるのは、本当に素晴らしいことですね。

○着々とクリアしてますね。甲賀懐かしい。曽爾高原の帰り歩きました。明日天浜線何時ごろ出発ですか。お天気よさそうですね。

 

日本縦断の記事!!雑誌「旅と鉄道11月号」にも

投稿日:2017年10月31日

平成29年10月31日(火)、東京香川県人会事務所の折口さん(高校の後輩)から、雑誌「旅と鉄道11月号」(A4判ほぼ総カラーの128頁:定価税込1,000円)に私の記事と写真が掲載されているとの朗報を得る。早く見たい思いから何カ所かの本屋に立ち寄るが、運悪く閉店、閉鎖、そして売り切れであった。売り切れの本屋で注文(11月2日納入)したが待てなく、2冊目を。すなわち、夕食後4店目の本屋にはジョギングで。運よく1冊だけありゲットできる。手に取り感動また感動の瞬間であった。

※表紙は私が8月9日に乗った予土線(宇和島~窪川:本年8月19日のブログにも)

本誌のメインである”へんな鉄道”のコーナーに私の記事と写真が。記事は26頁中の数行だが、プロの筆の裁きで私のPRすべき点(日本縦断達成)がコンパクトにまとめられており感謝感激そして感服。私が本年8月9日(水)予土線を乗車した際、雑誌社の方とお話した内容をベースに。もしかすると筆者から私は”へんなオヤジ”に映ったのかも・・・。当時の流れでは記事になる可能性は10%~30%。それがこのような素晴らしい本の中に私が登場させて頂くとは。感無量で言葉なし。2日前の台風がなければこの出会はなかった。ここでも美空ひばりの愛燦燦の”人生って不思議なものですね”を強く感じた。

本を購入後、雑誌社の方はお笑い芸人で鉄道旅の名人の吉川正洋氏(ダーリンハニー)と知る。ビックリ仰天。

※私の記事と写真(カッシー館もPRして頂いている)

流石「旅と鉄道」の専門雑誌だけあり、購読者であるお客様の視点から発信。まだ精読はしていないが、ざっとページをめぐった限り、プロの着眼点から駅舎、列車、駅弁、立ち寄りスポット、そして旅の楽しみ方などなど興味深いことが満載。

その中で”こだわり鉄道つたい歩き”の一つである立ち寄り駅舎「へんな駅」が30頁から35頁に掲載されていたところに私の興味が。お蔭様で特選20駅舎のうち、9駅は踏破済であった。すなわち、深谷駅(埼玉県)、真岡駅(栃木県)、比羅夫駅(北海道)、中ノ沢駅(北海道)、塔ノ沢駅(神奈川県)、飯給駅(千葉県)、矢吹駅(福島県)、東総元駅(千葉県)、銭函駅(北海道)の9駅。そのうちロボットの目のような顔が印象的な矢吹駅舎と駅舎が谷底にあり民宿を経営しいている比羅夫駅は今でも私の脳裏に強く。また、見た目がへんな”ユニーク列車大集合”や変わり種”珍体験列車”のページもプロならではのアングルで興味深いものがあった。

私の今後の歩き方に大きな夢がふくらむ一冊であった。関係者の皆様有難うございました。この紙面をお借りして厚く御礼申し上げます。ご興味がある方は本屋にお立ち寄りください。まだ11月号の残部があるかも知れません。

最近の記事

アーカイブ