今年のウォーキングの締めは!!吾妻線で

投稿日:2019年12月16日

※本日の往復切符、高崎駅(10時44分の電車で小野上駅に移動)

2019年12月15日(日)晴れ、群馬県を走る吾妻線の小野上〜祖母島(うばしま)~金島〜渋川(営業キロ11.9㎞)に挑戦する。無事踏破ができ、大前〜渋川までの営業キロ55.3㎞が繋がる。感動また感動。

※小野上駅、吾妻川

※特急草津、新潟の地酒を陳列

大前から小野上までは2019年4月に歩いた。先日の台風の影響で大前〜長野原草津口(13.3㎞)の鉄道は現在不通で、バスでの切り替え区間となっている。吾妻線を踏破して感じたことは次の3点。①この鉄道は概ね吾妻川に沿って走っている。②川沿いにも関わらず、岩島・祖母島・金島と島がつく駅舎が3つ存在する。磐越西線の翁島駅や宗谷本線の筬島駅(おさしま)を思い出した。川の土砂によって駅界隈が生成されたのではと推察。③沿線には草津温泉や伊香保温泉など多数の温泉地帯がある。

※手打うどん・そば田吾作、鉄道に沿った歩道橋

※祖母島駅

本日もインターネットで事前にウォーキングの道筋を調べ打ち出して臨む。しかし、小野上から祖母島まではネットで打ち出した155号線・35号線ではなく、国道353号線に急遽切り替えて臨む。肉眼で見た限り、この国道が概ね鉄道に沿った路筋であると判断したからだ。それ故、当初の道筋に比べ5割位近道ができた。しかし、鉄道が吾妻川越え界隈の歩道橋がネットの地図では記載がない。困っていたところ、昼食で立ち寄った”手打うどん・そば田吾作”の職員さんに聞いて助け舟を得られる。胸をなで下ろす。「車道はありませんが、歩道は鉄道に沿ってあります」と。いいタイミングで昼食をとったものだ。お蔭で幅80㎝位の吊り橋のような歩道を渡った先に祖母島駅があった。因みに川幅は私の万歩計で247歩だった。祖母島から渋川までは、順調に歩くことができる。当初想定した時間(4時間半)より1時間位早く歩くことができる。15時15分、渋川駅に到着。感謝感激。

※金島駅への道筋、金島駅

これで、通算営業キロは1万545㎞(所要日数520日)となった。同時に2019年暦年のウォーキング営業距離は502㎞となり、1年の目標である500㎞を達成でき嬉しい限り。

※渋川駅

※富士山を見ながら新幹線の中で祝杯をあげる

加えて、新宿駅で渡瀬さん(鹿児島県出身:草津温泉日帰りの旅)という方と知り合い、新宿から高崎まで新幹線(大宮〜高崎)を含めた道中、色々世間話をさせて頂く。鹿児島中央駅手前の広木駅踏破の際の苦労談をお話ししたところ共感を得られ感動また感動。一気に距離が縮まった。”旅はいいものである”そして”世間は狭い”と感じる一日でもあった。天や神に感謝あるのみ。

※朝の高崎駅(渡瀬さんと別れを惜しむ)

感動しました!!クリスマスショー

投稿日:2019年12月13日

※ディズニーシーのオープンとクローズドのひと時

2019年12月11日(水)、1泊2日で東京ディズニーシーに次男坊家族と一緒に出向く。今回はクリスマスバージョンのショーをゆっくり楽しませて頂く。今年3度目であるが、いつ見てもショーは最高。

※イッツ・クリスマスタイム(9時15分から)

※イッツ・クリスマスタイム(14時45分から)

イッツ・クリスマスタイムのショーは2度鑑賞。2度目は立見席ではなく座ったいい席で観賞でき、くじ引きを当ててくれた娘に感謝あるのみ。

また、夜のカラー・オブ・クリスマスショーも最高の気持ちにさせてくれた。ハイテクのオンパレードで感動また感動の連続であった。今回は花火まで鑑賞でき、最高の2日間であった。

※カラー・オブ・クリスマス(20時10分から)

ホテル最上階から見える東京湾先にある富士山も最高の眺めであった。天や神に感謝あるのみ。

※シェラトングランド東京ベイホテル前

※ホテル最上階(1298号室)から見えた富士山

念願叶う!!師走最初の忘年会で

投稿日:2019年12月04日

2019年12月3日(火)、八重洲界隈にある酒席”いづみや”(03-3271-2939)で師走最初の忘年会を開催。この会場は、十数年前、立命館大学・フコク生命共に先輩であった山田氏に教えてもらった粋なお店。笑福亭松喬師匠(下記のサインを頂く:第1号の著書に掲載)の落語独演会の後、ここで師匠を囲んで独演会出席メンバーと共に何回か利用させてもらった。そのサインを見ると、師匠の粋な落語が聞こえて来るような心境にさせてくれる。残念ながら今はその師匠はいない。また、この店は立命館の関東数物会の⒉次会でも何回か利用させてもらったことがある。

※2009年10月27日、松喬師匠のサイン

その店を選定し、今日のメンバーと懇親を深める。お二人とも生命保険の営業現場の第一線を軸に大活躍した人物で、高校の同級生とのこと。数ヶ月前から案件となっていた親睦会が実現できホットする。上田氏がみどり生命入社して飲む機会があり、「フコクしんらい生命の三井氏とは高校時代の同級生である」を聞いたのがきっかけで、本日の場を作らせてもらった。アクチュアリー仲間とはまたアングルが異なり、営業現場を中心にいい人生勉強をさせて頂いた。なお、フコクしんらい生命はフコク生命を転籍後お世話になった会社。三井氏はその時知り合い以後親しくさせて頂いている。

※水戸黄門さんのような心境にさせてくれました!!

営業現場の話では、長崎、山形で盛り上がる。長崎は私がフコク生命時代2から3回出張した地だ。一方、山形は本年10月天童〜米沢までの鉄道つたい歩きを通じて土地勘を会得したからだ。また、懇親の中で偶然にも上田氏、三井さんのご子息さん、そして私の長男坊夫婦の出身大学が同じであることを聞きビックリ。一気に親近感を覚えると同時に距離が縮まった。今日も”人生って不思議なものですね”を強く強く感じる一日であった。楽しい至福のひと時であった。

本日は貴重なお話し有難うございました。上田さん、三井さんまた飲みましょう。

紅葉が綺麗でした!!第76回わいわい会

投稿日:2019年12月01日

※越谷レイク

2019年11月30日(土)快晴の中、第76回わいわい会(高松一高関東桜紫会の歩き同好会)を武蔵野線(越谷レイクタウン〜越谷〜東川口:営業キロ7.1㎞)にて開催。14名の仲間が、越谷レイクタウン駅に参戦する。また、反省会(忘年会)から2名が加わったので、本日の総勢は16名となった。

※越谷レイクタウン駅、南越谷駅に向けて

※つたい歩きで駅伝コース登場、北京餃子軒

 

※ランチタイムのひと時

紅葉が見頃の中、しかも小春日和の中、14名で武蔵野線の風情を堪能する。勘所がいい女性が多数いて、北京餃子軒でのランチタイムの選定は最高であった。14名が一堂に会せた他、タイミングよし、味よし、値段よし、場所よしのひと時を満喫できる。最近では思い出に残るランチタイムであった。また、南越谷駅前の阿波踊りの像は、四国出身の我々仲間として親近感を覚えた。さらに、出羽公園の紅葉鑑賞は、南越谷駅から東川口駅に向かう際、道なき道を歩き、疲れた心身を癒してくれた。女性陣のナビによる機敏な活躍がなければ、大幅に遠回りの道筋になった恐れもある。女性陣に感服また感服。そして、東川口駅手前での藤本幹事長による、見知らぬ人の車パンクへの手助けは、高松一高出身の一人として感銘・感服・感動・感激した。

※北京餃子飯店、越谷阿波踊り由来前、南越谷駅

※南越谷駅前(阿波踊り像)、遠回りして国道4号の陸橋越え、出羽公園に入る

※出羽公園内

※紅葉の出羽公園散策

※難所を越えやれやれ、東川口駅

いつもの通り卒寿を卒業された寺西大先輩の元気な歩き振り、日帰りのコースで初参加の桜紫会前会長多田野氏の姿があり会は盛り上がる。また、高松一高関東桜紫会の立役者の福田初代幹事長や福家会長も南浦和での反省会から参加され、思い出に残る充実した第76回わいわい会となった。しかも、2000年11月発足のわいわい会から一度も延期や中止することなく、76回目が更新でき、天や神をはじめ、本日参加頂いたメンバーに感謝また感謝。この場をお借りして厚く熱く御礼申し上げます。私事ですが、本日で通算営業キロは1万533㎞(519回目)を達成。

※養老乃瀧で打ち上げ

またも感動!!座間市立図書館で

投稿日:2019年11月30日

2019年11月29日(金)、本年7月、かしはら数理計算事務所(略称:かし数)の開業に伴い、座間市立総合福祉センターで開催された大和青白申告会「無料個別記帳等相談会」に参加。当初は業者が提供する会計ソフトを導入して、会計事務を考えていたが、家内から猛反対があり自分で急遽プログラムを開発して対応。かし数でも発信している通り、エクセルVBAやアクセスVBAでの範疇の仕事は私のお家芸。インプットとアウトプットのイメージが分かれば簡単にプログラム開発できた。その作りこみを確認するため、本日参上。担当者からOKとの回答をもらいホットする。

この作業を終え、目と鼻の先にある座間市立図書館に立ち寄る。主として、私が数年前寄贈した4冊の著書が今も展示されているかどうかを確認するため。確認の結果、カッシー館の著書コーナーでご紹介している”こだわり鉄道つたい歩き(創刊号・続編号)”の2冊は別のところに移動したとのことであったが、”わいわい道中記””数理計算術読本”は、座間市民寄贈書籍コーナーに展示されているのを観て感動また感動。至福のひと時であった。

3 / 14412345...102030...最後 »

最近の記事

アーカイブ