一泊二日で!!東京ディズニーシー&ランドへ(35周年)

投稿日:2018年11月09日

※ディズニーシー、モノレール内

平成30年11月6日(火)~7日(水)、東京ディズニーシーに面したホテルミラコスタに一泊し、次男家族と一緒にシーとランドのアトラクション・パレード・ショーなどを楽しむ。半年前に予約したお蔭で、ショーやパレードを一番いい席で堪能できる。特に、ホテルミラコスタのゴウジャスさには感動・感服した。遠い昔、「いいものをいい場所で堪能することは人生で最高の勉強になるよ」という恩師からメッセージを思い出した。そういう意味で散財したが今回の計画を実現してくれた次男家族に感謝あるのみ。これからの人生でプラスに作用できるようにしたいものだ。

※ホテルミラコスタ

※ホテルミラコスタ

二日間の主なスケジュールは次の通り。

○11月6日(火)曇り/雨

車で東京ディズニーシーまで移動 → 東京ディズニーシー観光 → ホテルミラコスタチェックイン → SSコロンビア号海底展望台(ウミガメクラッシュとのタートルトーク) → レストランで夕食→ ディズニーリゾートモノレールで東京ディズニーランドまで移動 → 東京ディズニーランドのシンデレラショー(21時10分頃から開演)→ モノレールで東京ディズニーシー → ホテルミラコスタ泊

※ディズニーシー(ランチを食べながらショー)、ディズニーランドのショー

○11月7日(水) 晴れ

ホテルでのバイキング → ホテル前のショー → ホテルチェックアウト → モノレールで東京ディズニーランドに移動 → アトラクション、パレード、ショー →  モノレールで東京ディズニーシー → 車で自宅へ

ミラコスタに宿泊したお蔭で、二日間に渡り、効率的な活動ができる。特に11月7日(水)9時半頃から始まるショーをホテルの窓からも堪能でき最高の気分となった。生憎初日の6日は11時過ぎから20時頃まで雨模様の中でのシーの観光となったが、21時過ぎから始まる東京ディズニーランドでのシンデレラ城でのショーは雨が上がった状態で見ることができラッキーであった。

※ディズニーランドのシンデレラ城前

3年前に来たことがあるシーは、雨であったのでアトラクションはタートル・トークに留まるという残念な結果となった。一方、初参加のランドは天気にも恵まれたので、昼食は軽食に留め、次男家族の指示のもと、ウエスタンリバー鉄道、ジャングルクルーズ、スモールワールドなど活動的に回る機会を得ることができる。特に、19時半から始まったユニシス主催のクリスマスソングに合わせたショーは心に残るものがあった。ランドに来てよかったと・・・。

ディズニーランド&シー界隈地図

また、機会があれば、シーとランドに来たいものだ。

1万キロ突破!!水郡線の旅その5(野上原~水戸)

投稿日:2018年10月28日

※1万キロ達成の野上原駅の朝

平成30年10月21日(日)、昨夜当面の目標の1万キロ達成を終え、本日からは1万キロ突破の旅となる。これからの目標は、財力や健脚などなどから何処まで歩けるかもわからないが、天や神のご加護の下、先日カッシー館に投稿した12,345㎞を目指し頑張りたい。

※野上原駅その2

※野上原駅その3

その第一歩は、昨日の続きである水郡線の野上原駅から水戸駅までの営業キロ32.5㎞である。この時期17時位になると暗闇になるので30㎞越えの歩きは難しいが、何とか郡山から水戸までの営業キロ142.4㎞を繋げたい一心から挑戦することにした。でも、昨日に比べれば、8時過ぎから18時過ぎまでの約10時間で32.5㎞を達成すればよく精神的には多少ゆとりを持つことができた。

※野上原保育園、玉川村駅

※私の幼少の頃の稲収穫風景、路なき路

※常陸大宮駅、静駅

ホテルで朝食を摂り、昨夜二人の若者と楽しいひと時を送った”魚姫”をデジカメに収め、7時28分発の郡山行の列車で野上原駅(8時18分)まで移動する。本日の踏破した駅名と到着時間は次の通り。昨日と同様、全ての駅舎立ち寄りに成功する。

※瓜連駅、常陸鴻巣駅

野上原(8時19分)~玉川村(9時38分)〜常陸大宮)(11時16分)〜静(12時50分)〜爪連(うりつら:13時15分)〜常陸鴻巣(14時22分)〜上菅谷(15時16分)〜中菅谷(15時36分)〜下菅谷(15時36分) 〜後台(ごだい:16時25分)〜常陸津田(17時10分)〜常陸青柳(17時41分)〜水戸18時20分)

※上菅谷駅、中菅谷駅

※下菅谷駅、後醍醐天皇、常陸諏訪駅

本日歩きで印象に残ったのは、朝の野上原駅界隈の道筋を見て暗闇では玉川村駅への踏破は無理であると痛感したことである。野上原で1万キロが到達(10,001.9km)できラッキーであった。もしあと24㎞であれば玉川村駅への到達が余儀なくされるからである。ここでも天や神に感謝を感じた。玉川村駅は関東百選の駅舎に指定されているだけあり、いい風貌した駅舎であった。二つ目は、玉川村駅から常陸大宮駅へ向かう際、国道293号ではなく、地元の人のお世話になりながら道なき道を歩いて、一方ではウォーキングの醍醐味を楽しみながら踏破したことである。三つ目は、常陸津田駅界隈で暗闇となったが、運よく明かりをも燃した列車が目に入り、その列車の動向に注視した。運よく300m位先の駅舎に停車した。この駅が常陸津田駅であった。もし、この場面を捉えなかったなら、常陸津田駅は踏破できていないだろう。ここでも天や神のご加護を感じた。

※日没直前の水郡線、常陸青柳駅

※水戸駅

常陸青柳駅はラッキーにも鉄道の右側を直進した先にあり。暗闇の道筋でも対処できたものの、誰とも通行人に会わず不安な道中が続いたが。常陸青柳駅から水戸駅の間には最後の難所の那珂川があり、これを越えた先に水戸駅があった。18時20分到着し、水戸黄門様像の前で記念写真を撮って頂く。水戸黄門漫遊記で記念すべき日を迎えられ、これまでお世話になった各位に感謝また感謝で一杯となった。ささやかなながら、ひたち26号の車両の中で祝杯をあげる。二日間の歩きで通算営業キロは10,034km(493日)となった。

※ひたち26号の中で祝杯

1万キロ到達!!水郡線の旅その4(常陸大子〜野上原)

投稿日:2018年10月27日

 

※常陸大子までの切符と水戸までの特急券、水戸駅(郡山行の水郡線)

平成30年10月20日(土)、平成12年5月から始めたウォーキングが、あと22㎞で1万キロ到達となる記念すべき日となる。偶然にも10、20、30の数値が登場し、覚えやすい綺麗な数値のため、「何が何でも本日中に達成したいものだ」と意気込む。この日は嬉しいことに皇后さまの誕生日とのことであった。それ故、私にとっては、生涯忘れることができない一日となろう。予め達成できるものだと想定し、第71回わいわい会(高松一高同窓の歩き会:平成30年9月22日開催:根岸線)で頂いた団扇に”1万キロ達成”などを記して臨む。達成時に記念写真を撮る小道具にするためである。

※常陸大子駅、久慈川

※袋田病院美術館、袋田駅

※上小川駅、西金駅

しかしながら、歩く条件は厳しいものがあった。この季節、17時位になると薄暗くなる。しかもこの路線の野上原駅界隈は山間から高台の野原に繋がる道筋でややこしい。本日のダイヤで一番早く到着できる時間は、常陸大子駅に10時37分。常陸大子から野上原駅までの営業キロは23.1㎞である。すなわち、11時から17時までの6時間で実際には23.1㎞の2割増し乃至は3割増し相当の歩く距離(28㎞〜30㎞)を余儀なくされたからである。産みの苦しみを骨身に感じる一日が予想された。幸いにも天や神のご加護を得て、本日と明日は好天との予報であった。

※中舟生駅、山方トンネル

以下の通り、常陸大子駅から野上原駅を踏破して行く。常陸大子(10時37分)~袋田(12時5分)~上小川(13時34分)~西金(14時24分)~下小川(15時36分)~中舟生(16時15分)~山方宿(16時48分)~野上原(17時30分)

予想通り、この路線一番難しかったのは、山方宿駅から野上原駅までの営業キロ2.7km。暗闇と複雑な道筋を地元の人のお世話と第六感で無事踏破でき感激もひとしおであった。また、西金駅から下小川駅への道筋も遠かった。ネットで地図を印刷して臨んだにも関わらず、くねくねした道筋を歩いてやっと辿り着いた。さらに、この駅から中舟生駅への道筋も急な山道をくねくね歩くことが余儀なくされる。一時は団扇に記した小道具が使えないのではと思うこともあった。

※山方宿駅、野上原駅

無人駅の 野上原駅に17時30分無事到着して最高の気分となる。その瞬間をデジカメに収めたいと思うが、人の姿はなし。やむを得ず、冒頭にある写真を独力でオート撮影。平成30年5月7日(土)の”日本縦断”達成(稚内~鹿児島)”に引き続き、平成30年10月20日(土)は第二のメモリアルな日となった。継続は力なり、有言実行、志を大きくもつなどなど大切な人生へのキーワードが湯水の如く登場してくる・・・・。1万キロ踏破の旗印に使用した団扇は、三国志に登場する諸葛亮孔明の軍配旗のような錯覚もした・・・・。

※野上原駅(再掲)

 

1万キロ達成のプランとは!!水郡線の旅

投稿日:2018年10月25日

1万キロまで22㎞と迫り、わくわくするその達成の旅プランは次の通り。

1020日(土)

 ときわ51号 上野 730分 → 水戸 8:49

  水戸 922分 → 常陸大子 1037

  常陸大子〜袋田〜上小川〜西金〜下小川〜中舟生

〜山方宿〜野上原(23.1㎞:492回目)

  野上原 1818分 → 水戸 195

 みまつアネックス(水戸ハイアット)泊

     029-231-8110

 

1021日(日)

 水戸 728分 → 野上原 819

 野上原~玉川村〜常陸大宮〜静〜爪連〜常陸鴻巣〜上菅谷〜中菅谷〜下菅谷

 〜後台〜常陸津田〜常陸青柳〜水戸(32.5㎞:493回目)

 ひたち26号  水戸 1927分 → 上野 2036

次なる”歩き鉄”の目標は!!1万2千345キロを目指して

投稿日:2018年10月25日

次なる歩き鉄目標は、数字や論理などにこだわる”アクチュアリー”の一人として、12,345㎞を目指して頑張りたい。この数値は次のアングルから算定し、夢がある楽しい・覚えやすい・面白い数値になるよう丸めたものである。

①全国47都道府県の未踏破鉄道路線に足を踏み入れる(秋田、山形、鳥取、島根、徳島、大分、宮崎、長崎、沖縄の九県)

②これまでの主要路線の未踏破部分を繫げる

すなわち、2345㎞の根拠は下記の路線の営業キロを集計(2,135.6km)して丸めたものである。

○奥羽本線(青森〜秋田)):平成185.8㎞    ○羽越本線(秋田〜新津):平成:271.7㎞

○北陸本線(元JR線を含む:糸魚川〜石動、福井〜敦賀):167.8㎞

○山陰本線(園部〜鳥取〜益田〜下関):642.7㎞

○日豊本線(門司~延岡〜鹿児島):468.1㎞    ○長崎本線(鳥栖~長崎):125.3㎞

○紀勢本線(白浜~和歌山):105.5㎞    ○土讃線(須崎〜高知〜多度津):168.7㎞

 

3 / 11912345...102030...最後 »

最近の記事

アーカイブ