ギネス世界記録に挑戦!!”歩き鉄”の分野で

投稿日:2018年12月01日

大学時代の友人から数年前から歩き鉄の分野で”ギネス世界記録に挑戦しては”の提言を受けていましたが、中々重い腰を上げずにいました。しかし、1万キロ達成を機にこの提言を是非実現したいものだと思い、友人の助けとインターネットで色々勉強し、ダメもとで、やっと平成30年11月30日(金)申請登録レベルまで到達しました。これから数ヶ月審査プロセスで鋭意努力を余儀なくされると思いますが、日本人の一人として、平和の尊さや美しい日本、そして65歳を過ぎても頑張っている姿などなどを世界に発信するため、頑張ろうと思っています。

なお、ギネス世界記録を満たすためには、ネットによると下記の条件を少なくともクリアする必要があるとのことです。

①計測可能であること ②記録更新が可能であること ③標準化可能であること ④証明可能であること ⑤計測が1つの基準においてなされていること ⑥世界一であること

第100回記念大会盛大!!東京香川県人会総会

投稿日:2018年11月19日

※東京プリンスホテル、第100回記念式典の看板

平成30年11月18日(日)11時30分より、東京香川県人会総会(会長松平頼武氏)が東京プリンスホテル(鳳凰の間)にて総勢530名の下盛大に開催される。総会次第は次の通り。

受付/第100回記念コンサート/総会/第100回記念式典/懇親会

※式次第の冊子、記念式典前の会場

今回は第100回記念総会のこともあり、会次第が、カラフルで61頁もあり、充実した冊子であった。特に香川県の市町村の変遷や東京香川県人会の歩み、そして第100回記念特別寄稿などが掲載されており興味深い内容であった。

※記念コンサート(藤谷佳奈枝さん、鐵ゆりなさん、寺島弘城さん、真鍋恵子さん、小松玲子さん)

コンサートの部では、多田羅りかさんの名司会にて、5人のアーティストが次から次と登場し持前の音声と歌声をご披露頂く。40分という限られた時間であったが感動また感動のうちにあっという間に第100回記念コンサートが過ぎ去る。

※松平会長のご挨拶

事務局による総会ののち、松平会長のご挨拶を皮切りに第100回記念式典が開催される。100回目ということで凄い来賓の方がスピーチされ感動また感動。浜田恵造香川県知事からの四国新幹線が本格的に動いているとの情報は明るくさせてくれた。そして13時15分より、楽しい懇親会が始まる。530名もの人が一堂に会する祝賀会の様相もあり、会いたい人に会えない状況でもあった。香川名産の地酒”金陵”を飲みながら、醤油豆・てんぴら・うどんを軸としたさかなで懇親会を堪能させて頂く。獅子舞や抽選会もありあっという間に定刻の15時となる。残念ながら抽選には外れたが、全員に手提げ袋一杯のお土産を頂き、感謝あるのみ。

※獅子舞、抽選会

私事ではあるが、第100回記念式典に合わせて、先月の10月20日(土)歩き鉄で、当面の目標であった1万キロ達成(18年半で)が一足先にでき、私としては本日の祝賀会は生涯忘れられない日となろう。また、この日が偶然にもX年前の結婚記念日とも重なり三重の喜びとなった。「人生とは不思議なものですね」を全身に感じる一日であった。このような素晴らしい祝賀会を企画・実現して頂き、事務局をはじめとする関係各位にこの場をお借りして厚く熱く御礼申し上げます。

※高松一高桜紫会会長多田野榮氏を囲んで、松平会長を囲んで

楽しいイベントでした!!2018年度数物会

投稿日:2018年11月18日

※百瀬支部長、赤堀先生

平成30年11月17日(土)、15時より立命館東京キャンパス(サピアタワー8階)にて数物会関東支部大会(支部長百瀬敏彦氏)が、赤堀次郎先生をお招きし、20数名の参加の和気あいあいの環境で開催される。会次第は次の通り。

※若山氏による講演会

支部大会開催宣言、プログラム紹介/関東支部2018年度活動報告/数理科学科と物理科学科の現状と将来/講演会(資産運用会社のお仕事〜若山剛士氏)/大会終了挨拶/自己紹介

若山氏の講演会は、アクチュアリーとして興味がある分野の一つであるので勉強になった。証券会社と運用会社の相違点、日本のマネーが現預金を含め2000兆円もあることの驚き、顧客チャネルが金融・年金・投資家からなるなどなど。また、リレー式による自己紹介も興味深いものがあった。あっという間に2時間余が過ぎ去る。

※自己紹介の風景

その後は、3階にある”Papa Milano”に移り懇親会。17時半より若者と情報交換する。楽しい2時間であった。そして希望者で二次会(いづみや)、三次会(木村屋本店)と懇親を深める。自宅到着は深夜1時を過ぎていた。充実した一日であった。

※Papa Milano(懇親会)、いづみや(二次会)

臨時わいわい会開催!!紅葉の高尾山で

投稿日:2018年11月12日

※高尾山自然研究コースマップ、JR高尾駅

※ケーブルカー、高尾山駅

平成30年11月12日(日)、昨日大阪からご足労頂いた高松一高関西桜紫会のメンバーとの一層の交流を深めるため、臨時わいわい会を開催する。このようなイベントは初めての試み。昨日の飲み疲れにも関わらず、7名(うち関西3名、関東4名)が10時京王高尾山口駅に集つまる。このプランは私が急遽思いつき、昨日同窓会の席上で鉛筆書きし発信した。当初は3名であったが、PRのお蔭で7名となり嬉しい限りだ。

※ひっぱり蛸、薬王院

加えて、藤澤元関西桜紫会会長は歩くのが苦手にも関わらず、ケーブルカーの高尾山駅から高尾山頂までの表参道コース(片道3.8㎞)に並走した階段を使用しない3号路を経由し3時間位要し完走された。自分のことのように嬉しい瞬間であった。功績者は何度も高尾山に訪れた経験豊かな道案内役の福西さんだろう。また、伴さんの手作りのお菓子も元気を与えてくれたので功績者だろう。

※3号路の風景、高尾山大見晴園地

※遠くに富士山か?、高尾山頂きの紅葉

紅葉の高尾山観光のため、京王高尾山駅には次から次と観光客が登場する。それ故、往復の清滝駅と高尾山駅でのケーブルカー(運賃片道480円)待ちにそれぞれ30分〜40分の待ち時間を要する。チラシによると高尾山ケーブルカーは日本一急こう配(31度18分)とある。待ち時間は往復で1時間20分位要したが、紅葉の高尾山を7名全員で散策でき満足の行く一日となった。14時頃も清滝駅には沢山の行列があった。反省会は八王子駅ビルに移動して開催する。本日は天気やメンバーにも恵まれ、最高の高尾山を満喫でき、楽しい一日を送ることができ天や神に感謝あるのみ。

※高尾山頂にて

※頑張りましたね、反省会

第14回も盛大!!高松一高関東同窓会

投稿日:2018年11月12日

※吉祥寺第一ホテル、会次第

平成30年11月10日(土)12時より、東京香川県人会会長松平頼武氏をお招きし、秋空の中、高松一高関東桜紫会(福家寛会長)主催の第14回高松一高関東同窓会が、吉祥寺第一ホテル(8F)にて総勢183名の参加の下、盛大に開催される。今回の合言葉は「創立90周年!笑顔集まる吉祥寺(^O^)/」。会次第は次の通り。

※受付・お土産の準備、同好会コーナー

※中西氏の乾杯のご発声、名司会の小林氏による松平氏のインタビュー

開会の辞/歓迎のことば/ご祝辞(多田野榮桜紫会会長、中條敏雄高松一高校長)/ご来賓者等紹介/演奏/乾杯/ご来賓インタビュー/コンサート(西浦詩織さん、鴨田実可子さん、浜谷安里さん)/トピックス/抽選会/校歌斉唱/閉会の辞

※西浦さん、鴨田さん、浜谷さん

※懇親会の模様

何といっても、高松一高同窓会の主役は、ミニコンサート。平成8年2月の第1回開催以来継続している。今回も西鉄ライオンズ黄金時代を築いた中西太氏の乾杯のご発声の前後で素晴らしヴァイオリン&マリンバのお楽しみコンサートがある。爽快な気分のままあっという間に3時間が過ぎ去る。2年後の再会を誓って閉幕となる。

※松平東京香川県人会会長と多田野桜紫会会長を囲んで

2 / 11912345...102030...最後 »

最近の記事

アーカイブ