土讃線の旅!!その2(須崎〜高知商業前)

投稿日:2019年08月16日

※高知駅

2019年8月6日(火)、二日目の土讃線の旅は、須崎駅から高知商業前駅までの営業キロ37.4㎞に雨空の模様の中挑戦する。当初は須崎駅から高知駅までの42.1㎞を考えていたが、雨と暗闇から、4.7㎞を残し高知商業前駅で断念する。高知商業前駅には19時52分到着。19時35分の列車に乗り遅れたため、次のダイヤは20時36分であった。そこで暗闇と雨の中、高知駅まで歩くことも考えた。しかし、暗闇の中での鏡川越えで精魂尽き果てる。悔しいがここでアップ。不案内の道筋は色々リスクが大きいと判断。結果的にはこの英断は大成功であった。ホテルに帰るや否や、この遅れをどこで取り戻すかを考え続けた。何としても有言実行したいためである。推敲に推敲を重ねて、三日目または四日目でリカバリーできればと考える。

※須崎駅

須崎から高知商業前の到着時間は次の通り。

須崎(7:16)〜大間(7:45)〜多ノ郷(8:02:おおのごう)〜吾桑(9:57:あそう)〜斗賀野(11:12)〜襟野々(11:56)〜佐川(12:26)〜西佐川(13:07)〜土佐加茂(14:15)〜岡花(15:10)〜日下(15:45)〜小村神社前(16:21)〜波川(17:15)〜伊野(17:55)~枝川(18:25)〜朝倉(19:19)〜高知商業前(19:52)

※大間駅、多ノ郷駅(少し離れて)、多ノ郷駅

※吾桑駅(小高い丘の上にあり)

※斗賀野駅への路(歩いても歩いても山道)、斗賀野駅

このコースで難所であったのは、吾桑から斗賀野までの営業キロ5.2㎞区間。山道を上ることを余儀なくされた。途中分岐路があり、どちらの道筋に進むか迷った。ナビを使用しても、誤った路筋を10分位進もうとしていた。再度ナビで点検して、自分が誤った方向に進んでいることに気付く。引き返しに10分位要す。終始、雨があがったり、強くなったりしながらの行程であったので、集中力を維持するのに神経を費やした。また、西佐川駅手前で大雨となり、商店の軒下をお借りして雨宿りする場面も発生。たまたま、この商店の界隈の交差点で直進ではなく、右折を余儀なくされた。閉店にしている店の女将さんに「西佐川駅はまだですか」と問い合わせが大成功。もし、聞いていなけば誤った方向に進んでいたかも知れない。胸をなで下ろす。

※襟野々駅、佐川駅(特急停車駅)

※66歳までお世話になったフコク生命(懐かしや!!たばこ看板)、西佐川駅

西佐川駅でまた雨が強くなり、この駅でウォーキングの中止も考えた。駅構内にはインターネットを活用した仁淀ブルー観光協議会の事務所があった。この職員さんに、本日の天気について質問。しかし、不明のまま終了。残された時間も多々あるので、取りあえず「次の土佐加茂駅まで歩き判断します」と回答。一時は薄日も瞬間的にさしたが、またも雨空となる。土佐加茂駅に到着して、”高知駅まで歩こう”と闘志がわいて来る。

※土佐加茂駅、岡花駅

※日下駅、小村神社前駅

※波川駅、宇治川越え

※伊野駅、枝川駅

本日は台風が西にそれた影響で、大雨、小雨、曇りの3色での歩きとなったが、天や神のご加護を得て、終始24℃と涼しい環境であったので歩きやすかった。ホテルに着くや、昨日のリベンジを達成するため、ホテル界隈の屋台で祝杯をあげたあとホテルへ。今日も充実した一日を過ごさせて頂く。その3(大歩危〜大杉)に続く・・・。

※朝倉駅への路(とさでん交通と対面)、朝倉駅、高知商業前(鏡川越えで疲れる)

※ホテル界隈の屋台、ホテルNo.1高知

 

本カッシー館では、皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしております。
benkassy.kan@gmail.com まで、メールでお気軽にお送り下さい。
なお、お手数ですが実際にメールされる場合は@を半角に変換の上、送信をお願いします。

最近の記事

アーカイブ