舞鶴線・小浜線の旅!!その3(小浜〜三方)前編

投稿日:2021年06月03日

2021年5月29日(土)晴れ、今回の旅の第3弾は、小浜線の小浜駅から三方駅までの営業キロ24.8㎞に挑戦する。昨日の海岸線とは一転し、田園地帯が軸となった。リュックを背負い、本日のコースの下見は全くしていない。また、三方駅からホテルがある敦賀駅まで電車の移動が必要であり、時間との戦いも余儀なくされた。加えて、若狭有田駅、大鳥羽駅そして十村駅にかけて、鉄道と国道27号線との乖離があり、駅舎立ち寄りに未踏破とならないよう、誤った道筋に行かないよう、細心の注意を余儀なくされた。ただ唯一の救いは、昨日の営業キロより10㎞短いのが精神的にも肉体的にも大きな援軍となった。

※ホテルアルスタインチェックアウト、東舞鶴駅

※東舞鶴駅、小浜駅

本日の各駅舎立ち寄り時刻は、次の通り。

小浜(8:06)〜東小浜(9:22)〜新平野(10:30)〜上中(11:45)〜若狭有田(13:00)~大鳥羽(13:37)〜十村(15:25)〜藤井(16:02)〜三方(16:47)

①小浜駅を出た先に故郷香川に本店がある宮脇書店(8時23分)があった。そして、讃岐市に地名がある南川(町)の交差点に8時28分差し掛かる。ここで道路標識に惑わされて、川岸に沿って歩こうとする。地図を確認し、1分位のロスタイムでリカバリーする。JR線下を潜り、鉄道の右側となり、大きく回り込んで、湯岡交差点で国道27号線に8時38分合流する。8時41分、万歩計で249歩ある湯岡歩道橋を渡る。そして、淡々と国道を歩いた先に小浜市総合福祉センターと一体化した東小浜駅(9時22分)があった。

※宮脇書店、南川町交差点、国道27号線に出る

※東小浜駅

②9時41分、国道に戻る。9時44分、万歩計で87歩ある遠敷川(おんゆがわ)を渡る。10時7分、福井102㎞、敦賀42㎞と記した道路標識前を通過。10時10分、大興寺バス停で今津行きのJRバスがやって来る。バスの案内板を見ると小浜と滋賀県に今津を結ぶ路線であった。もう少しで通り過ごしそうになった新平野駅には10時30分到着。新平野郵便局があり、そろそろ駅近しを察知しする。スマホナビの検索にて未踏破阻止。50m位行き過ぎていた。

※遠敷川、大興寺バス停、新平野駅

※新平野駅のダイヤ、下船塚古墳

➂10時45分、下船塚古墳前を通過。田植え準備中の水田を経由して、11時国道に戻る。晴れ模様から曇り模様になる。11時2分、JRバス停の野木口を通過。11時13分、若狭神谷バス停を通過。11時32分、十善の森古墳があった。JRバス停もある上中駅には11時45分到着。駅に面して、錦鯉が泳いでいる”武生の万橋”があった。

※上中駅

※上中駅、武生の万橋、若狭有田駅への路

④12時8分、福井95㎞、敦賀35㎞と記した道路標識前を通過。12時10分、万歩計で175歩ある北川を渡る。12時31分、国道27号線と県道22号線が分岐する脇袋北交差点前に到達する。ここからJR線は十村駅まで国道と大きく乖離する。田植えして間もない水田が続く22号線を歩く。若狭有田駅は22号線沿いになく、曲がる交差点を注意しながら歩く。広嶺神社が見える交差点を左折をする必要があるからだ。第六感でその交差点を見つけ、左折する。鳥羽川(有田橋)を渡り、12時54分有田踏切を横切り、鉄道の左側となる。その先に若狭有田駅(13時)があった。この辺りから曇り空から薄日となり晴れマークとなる。

※若狭有田駅への路、有田踏切、若狭有田駅

⑤水田の先に小浜方面向かう2両編成が目に入る。13時9分、村社熊野神社で本日の安全を祈願する。道なりに歩いた先に大鳥羽駅(13時37分)があった。

※若狭有田駅、大鳥羽駅への路、大鳥羽駅

ここから十村駅への道筋が難関。若狭トンネル越えが必要であるからだ。私が用意した地図では、十村駅への道筋が全く判断できない。誰かに十村駅への道筋を問い合わせたいと思うが人の姿見当たらず。しかし、運よく駅前に「ぶっきらぼう」という丼屋があったので、遅い昼食も兼ね立ち寄りることにする。大盛の分厚いカツカレーにはビックリ。とても全部は食べきれず。30分位休息後、用意した地図をお見せしながら、十村駅への道筋を若い定員の方に教えて頂く。「駅前の通りを鉄道に沿った先にトンネルが見て来ます。そのトンネルを潜って直進した先に十村駅があります。」と教えて頂く。後編に続く!!

※大鳥羽駅、ぶっきらぼう

本カッシー館では、皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしております。
benkassy.kan@gmail.com まで、メールでお気軽にお送り下さい。
なお、お手数ですが実際にメールされる場合は@を半角に変換の上、送信をお願いします。

最近の記事

アーカイブ