水郡線の旅!!その1(野水沢〜安積永盛)

投稿日:2018年09月19日

※新幹線特急券と乗車県、大宮駅

平成30年9月15日(土)から始まる3連休の初日は、水郡線の野水沢から郡山までの営業キロ27.4㎞に挑戦する。水郡線とは水戸から郡山までの142.4㎞で茨城県と福島県に跨る鉄道。1週間位までは北陸本線の福井から敦賀などを考えていたが、週間天気予報では3日とも雨マークであったので、急遽磐越西線などの歩きの旅に切り替える。宿も会津若松の東横インにとり、磐越西線1本に絞って歩こうと思ったが、生憎満室でNGとなった。色々推敲に推敲を重ねて思いついたのが、今回のプラン(磐越西線+水郡線)である。ダイヤの関係で第1日目は水郡線となった。

※郡山駅(やまびこ125号、水郡線)

水郡線のスタートは当初は野木沢駅から営業キロ5.2㎞先にあるの磐城石川駅を想定していたが、足下も悪い上、10時スタートでは終点の安積永盛駅にはとても明るい内には到着できないと判断し、野木沢からのスタートとする。終点が郡山ではなく安積永盛となったのは、安積永盛から郡山までは東北本線の範疇となり、既に平成21年8月踏破完了していたからだ。結果的に野木沢かのスタートにして大成功。

※野木沢駅、雨の中のスタート

※川辺沖駅、泉郷駅(工事中)

本日の水郡線は、非電化の単線であった。加えて、郡山から常陸大子までは2時間に1本程度のダイヤで相当の制約がある中での歩きを余儀なくされた。それ故。路線の進行方向を掌握するのに相当の神経を費やすこととなった。道路地図を持参しなかったため、終日手探り状態での歩きとなった。これまでの18年間の歩きを通じて培った第六感を信じて必至に歩いて、目標を達成できる。

※川東駅への路(晴れとなる)、川東駅

※小塩江駅、谷田川駅

本日の難所は、泉郷駅から川東までの山越えだろうか。線路が全く見えない区間であったので、暗中模索で必至に歩いた。道を聞きたくても地元の人に会わず。不安また不安の連続であった。しかし、要所の3カ所で運よく地元の人に出会い迷うことなく歩くことができる。もう一つは、川東から小塩江(おしおれ)も方向性を誤って歩こうとしたが、地元の人のお蔭で無事クリアできる。今日も地元の人の多大なるお世話になり、18時51分安積永盛に到着できる。

※磐城守山駅、犬のような木々

郡山駅から「ホテルロイヤル郡山」に向かう際、”みちのく阿波踊り”祭りに対面できラッキーであった。夕食は銘席喰処”夢一膳”で福島県の地酒(天明、会津中将など)を堪能しながら本日の疲れを癒す。

※安積永盛駅、みちのく阿波踊り

※夢一膳にて

本カッシー館では、皆さまからのご意見・ご感想をお待ちしております。
benkassy.kan@gmail.com まで、メールでお気軽にお送り下さい。
なお、お手数ですが実際にメールされる場合は@を半角に変換の上、送信をお願いします。

最近の記事

アーカイブ